現在、本ページは、科学的目標や、柱とする研究課題群について、最新版・最新記述に更新作業中です。(2018/8/26 -  )

 
 

連絡先

大学共同利用機関法人
情報・システム研究機構
国立極地研究所
気水圏研究グループ
〒190-8518 
東京都立川市緑町10-3
------------------------------------------
All Rights Reserved, Copyright ©
National Institute of Polar Research
 









 

カウンタ

COUNTER47328

オンライン状況

オンラインユーザー1人
国立極地研究所の気水圏研究と教育のページへようこそ
 

国立極地研究所(南側から)
 


    
極域は地球上の冷源域として、大気・水・物質等の地域的なあるいは地球規模の循環の一翼を担っています。地球上の淡水の大部分は極域に存在し、雪や氷として南極氷床や北極氷河を形成し、水循環、海面水位の変動に関わっ ています。また、海氷は、季節的に面積を大きく変動させ、大気と海との水や熱の交換に大きく寄与しています。国立極地研究所は、気水圏研究として、極域の大気・雪氷・海洋を中心にした研究をすすめています。

  本ページは、国立極地研究所が担う研究・教育のなかでも、この気水圏研究関連のものを特に紹介するものです。国立極地研究所のメインとなるウェブページについては、左にあるバナーからお入りください。


員や研究者の一覧は、国立極地研究所のホームページ所属別でご覧いただけます。


 

All Rights Reserved, Copyright ©National Institute of Polar Research