研究集会やコロキ予定

 気水圏コロキウム
日時:5月26日(月)10:30-11:30
場所:C301(3階セミナー室)
発表者:Alex D. Fraser
タイトル:未定
Alex Fraserさんはオーストラリアの研究者の方で,現在AAS(豪科学アカデミー)・JSPSの制度を利用して北大・低温研に滞在されています.タイトルが決まり次第掲載致します.


 日本地球惑星科学連合2014年大会
http://www.jpgu.org/meeting/
期間:2014年4月28日(月)~5月2日(金)
会場:パシフィコ横浜 会議センター
 
 
連絡先
大学共同利用機関法人
情報・システム研究機構
国立極地研究所
気水圏研究グループ
〒190-8518 
東京都立川市緑町10-3
------------------------------------------
All Rights Reserved, Copyright ©
National Institute of Polar Research
 









 

カウンタ

COUNTER10012

オンライン状況

オンラインユーザー1人
国立極地研究所の気水圏研究と教育のページへようこそ
 

国立極地研究所(南側から)
 


    
極域は地球上の冷源域として、大気・水・物質等の地域的なあるいは地球規模の循環の一翼を担っています。地球上の淡水の大部分は極域に存在し、雪や氷として南極氷床や北極氷河を形成し、水循環、海面水位の変動に関わっ ています。また、海氷は、季節的に面積を大きく変動させ、大気と海との水や熱の交換に大きく寄与しています。国立極地研究所は、気水圏研究として、極域の大気・雪氷・海洋を中心にした研究をすすめています。このウェブページは、極域気水圏についての研究や教育についての情報を発信するために開設しました。

  本ページは、国立極地研究所が担う研究・教育のなかでも、この気水圏研究関連のものを特に紹介するものです。国立極地研究所のメインとなるウェブページについては、左にあるバナーからお入りください。

 

All Rights Reserved, Copyright ©National Institute of Polar Research