ICC

アイスコアコンソーシアム(略称:ICC)は、国立極地研究所氷床コア研究委員会の中に設置された共同研究組織です。ICC は南極氷床ドームふじ深層掘削計画で掘削されたアイスコアの解析と研究の実施、 研究の連携と推進を図る目的で設置されています。
 

研究集会の情報

<2014>
  極域科学シンポジウム
●会期: 平成26年12月2日(火)~12月5日(金)
  (終了しました)
会場: 国立極地研究所、および統計数理研究所、国立国語研究所 
  東京都立川市緑町
シンポジウムのプログラムと予稿が終了後も公開されています。
ホームページ:
http://www.nipr.ac.jp/symposium2014/
お問合せ先: 国立極地研究所 極域科学シンポジウム実行委員会(幹事:土井浩一郎) 
Email:polar-sympo2014[at] nipr.ac.jp ([at]は@に変更下さい)

※会員の方々へ
本欄に記載すべき研究会合等の情報を、事務局までお寄せください。
 
 

ICC事務局

E-mail: icc-admin  [at]  dficc.org
大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構
国立極地研究所内
〒190-8518 東京都立川市緑町10-3
---------------------------------------------------
All Rights Reserved, Copyright ©
National Institute of Polar Research 
 
 

国立極地研究所



 

カウンタ 2014年

COUNTER16356

オンライン状況

オンラインユーザー1人


国立極地研究所を南側から見る。

北側ゲート。
 
トピックス

 

 ドームふじコア中で、最終氷期末期のコア中のsulfateとchloride saltsの化学成分を調査した研究

 北海道大学低温科学研究所の大藪らが、論文 Chemical compositions of sulfate and chloride salts over the last termination reconstructed from the Dome Fuji ice core, inland AntarcticaをJGR誌に発表しました。

論文へのリンク

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/2014JD022030/abstract

(2014年12月1日)

--------------------------------------------------------------------------------------
 極地氷床中のエアハイドレートの核生成条件の研究

 北海道大学工学研究科の内田らが、論文 Natural supersaturation conditions needed for nucleation of air-clathrate hydrates in deep ice sheetsをJournal of Glaciology誌に発表しました。

論文へのリンク

http://www.igsoc.org/journal/60/224/j13j232.html

(2014年11月2日)

--------------------------------------------------------------------------------------

 [プレスリリース]積雪が氷へと変化する速度に影響する2つの有力な要因を提起 ~グリーンランド氷床コアの分析から

プレスリリースへのリンク

http://www.nipr.ac.jp/info/notice/20141002.html
 【ポイント】グリーンランドNEEM地点で掘削された90メートル長のフィルン(雪と氷の中間状態)コアの密度、結晶構造、酸素同位体比、含有イオン濃度などを分析しました。その結果、フィルンの中では、晩秋から初夏にかけての積雪層は夏の層よりも圧密・変形が卓越し、ふっ化物イオンと塩化物イオンが高濃度で含まれることを発見しました。フィルンの圧密速度を支配するのは、(1)ふっ化物イオンと塩化物イオンによる促進、(2)夏の日射に起因した変態による阻害、の2つの要素からなる可能性が高いことを提起しました。

論文へのリンク

http://www.igsoc.org/journal/60/223/j14j006.html

(2014年10月2日)

--------------------------------------------------------------------------------------

 [プレスリリース]南極大陸アイスコアからさぐる過去2000年の火山噴火の歴史

-火山噴火による気候変動要因の大きさを推定-

 理化学研究所(理研、野依良治理事長)と国立極地研究所(白石和行所長)は、米国砂漠研究所などと共同で、南半球および地球規模の気候に影響を与えた火山噴火の歴史を初めて過去2000年にわたって正確に復元しました。本研究により、地球全体の寒冷化に及ぼした影響に関する従来の推定は、過去の2つの最大規模の火山噴火については20~30%過大評価し、他の一部の火山噴火では20~50%過小評価していたことを突き止めました。これは、米国砂漠研究所のマイケル・シグル博士、ジョセフ・マッコーネル教授、理研仁科加速器研究センター(延與秀人センター長)望月雪氷宇宙科学研究ユニットの望月優子研究ユニットリーダー、国立極地研究所の本山秀明教授、川村賢二准教授らによる共同研究グループの成果です。

http://www.nipr.ac.jp/info/notice/20140722.html
(2014年7月22日)

--------------------------------------------------------------------------------------

 アイスコアデータベースを更新しました.(会員向け情報)
既存のデータベースにドームふじⅡ期コアの2400m以浅の情報を加えました。また、コアの使用履歴も更新しています。詳細については以下のページからご覧下さい。

http://polaris.nipr.ac.jp/~icc/NC/htdocs/?page_id=122
(2014年7月2日)

--------------------------------------------------------------------------------------
 国立極地研究所アイスコア研究センターのウェブページが開設されました.
国立極地研究所のアイスコア研究センター(ICRC)が本年度設置されましたことにともない、ウェブページの日本語版と英語版を新たに開設しました。このページをご覧くださり、共同利用と共同研究のセンターとして、ICRCが多くの研究者に利用されることを期待します。

http://polaris.nipr.ac.jp/~icrc/NC/htdocs/
(2014年7月1日)

--------------------------------------------------------------------------------------
 DFⅡコアのDEP計測の進捗(会員向け情報)

第Ⅱ期コアを対象にしたDEP計測(誘電プロファイル)は、4月下旬より国立極地研究所にて計測を開始し、120m深からスタートし、6月24日に910m深に到達しています.8月22日には1314mに到達しました。これによって、第I期コアの深度と第Ⅱ期コアの深度について、全深度について火山同期が可能になっています.現在は計測系をデュアルとして、計測の早期の完了を期しています。詳細は事務局にお尋ねください. (2014年6月24日, 8月23日)

--------------------------------------------------------------------------------------

 昨年度の運営委員会の議事録(会員向け情報)

昨年度3月24日に開催した第1回ICC運営委員会の議事録は、

http://polaris.nipr.ac.jp/~icc/NC/htdocs/?page_id=116

にて掲載しています. (2014年4月4日)
--------------------------------------------------------------------------------------

  国立極地研究所のアイスコア研究体制は、新たに、アイスコア研究センターとして発足しました。 
国立極地研究所アイスコア研究センター設置について

国立極地研究所におけるアイスコア研究の特色と、期待される成果について

http://polaris.nipr.ac.jp/~icc/NC/htdocs/?page_id=140  (2014年4月1日) 

-------------------------------------------------------------------------------------

 The Oldest Ice Reconnaissance Workshop for European geophysics/ logistics planning and decision makingが5月にドイツで開催されました。(会員向け情報) このワークショップは、欧州各国、特にドイツアルフレッドウェゲナー極地海洋研究所が主導して最古の氷コアを近い将来に欧州連合として掘削する体制に向かうための立案準備会議です。情報交換と連携調整のために立極地研究所から2名が参加しました。この会合の情報(参加報告)に興味のある方はICC事務局にお尋ねください。 (2014年6月24日) 

-------------------------------------------------------------------------------------
 国立極地研究所 低温室では、2/24 - 3/20の期間、アイスコアと在庫資試料の集中整理作業をすすめました。(会員向け情報) 資試料の写真撮影や在庫状況確認をすすめ、ドームふじコアやそれ以外のコアについてのデータベース化の加速をはかっています。状況は下記。 

http://polaris.nipr.ac.jp/~coldlab/NC2/htdocs/?page_id=36 (2014年3月21日)

-------------------------------------------------------------------------------------

 ドームA深部氷床の年代を検討した研究 The Cryosphere Discussions誌に、中国がアイスコア掘削をすすめるドームAでの深部の年代を検討した研究が発表されました。論文中では、約70万年前後が最もありうる最深部年代として提起されています。ただし、不確定性は50万年におよぶと提起されています。
http://www.the-cryosphere-discuss.net/8/289/2014/tcd-8-289-2014.html  (2014年3月21日)

-------------------------------------------------------------------------------------

 ドームふじの浅層コアの年代を、EDMLコアとの火山同期によって推定した研究 
理化学研究所の望月らが、The Cryosphere Discussions誌に、表記内容の論文を提出しました。3/26まで、同誌上で公開議論がおこなわれています。
http://www.the-cryosphere-discuss.net/8/769/2014/tcd-8-769-2014.html (2014年3月21日)

-------------------------------------------------------------------------------------
 南極内陸部の表面付近の積雪の水同位体に対する堆積率の効果 

名古屋大学の保科らが、論文Effect of accumulation rate on water stable isotopes of near-surface snow in inland AntarcticaをJGR誌に発表しました。
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/2013JD020771/abstract 
(2013年12月20日)
-------------------------------------------------------------------------------------
 バックワードトラジェクトリー解析に基づき調査した、南極に到達する空気輸送の起源の空間的季節的分布 

統計数理学研究所の鈴木香寿恵らが、論文 The spatial and seasonal distributions of air-transport origins to the Antarctic based on 5-day backward trajectory analysisをPolar Science誌に発表しました。
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1873965213000303 (2013年12月20日)
-------------------------------------------------------------------------------------
 ドームふじの氷に含まれるカリウムミョウバンと硫酸アルミニウムの微粒子分布 

国立極地研究所(現在、北見工業大学)の大野浩らが、論文 Potassium alum and aluminum sulfate micro-inclusions in polar ice from Dome Fuji, East AntarcticaをPolar Science誌に発表しました。
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1873965213000480 (2013年12月20日)
-------------------------------------------------------------------------------------
ブロッキング現象の発生と南極ドームふじでの降水形態に関する論文

国立極地研究所の平沢らが、論文 The role of synoptic‐scale features and advection in prolonged warming and generation of different forms of precipitation at Dome Fuji station, Antarctica, following a prominent blocking eventをJGR誌に発表しました。
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/jgrd.50532/abstract (2013年12月20日)
-------------------------------------------------------------------------------------
 最古のアイスコアは南極のどこにあるのか?
南極のどこで掘削をすれば最古のアイスコアにアクセスできるかについて検討をした論文を、IPICSのグループが出版しました。
論文題名: Where to find 1.5 million yr old ice for the IPICS "Oldest-Ice" ice core
なお、著者グループには、国立極地研究所の川村と藤田も参加しています。
この研究成果は、11月6日に「Climate of the Past」誌に掲載されました。
http://www.clim-past.net/9/2489/2013/cp-9-2489-2013.html
また、欧州地球物理学連合(EGU)によりプレスリリースが発表されています。
http://www.egu.eu/news/77/the-oldest-ice-core-finding-a-15-million-year-record-of-earths-climate/
(2013年11月7日)
--------------------------------------------------------------------------------------
 アイスコアデータベースの情報を更新(会員向け情報)
更新内容は以下の通りです。こちらのページよりデータベースをご覧いただけます。
・DF2Aコアの使用履歴を更新しました(2013/10/10使用分)
(2013年10月18日)
--------------------------------------------------------------------------------------
 アイスコアデータベースの情報を更新(会員向け情報)
更新内容は以下の通りです。こちらのページよりデータベースをご覧いただけます。
・DF2コアのテフラ情報を追加
・DF1Bコアの2363m-2367mにおける写真を掲載
・DF2最深部コアの写真を掲載
・コア申請C-18,C-19によるコア使用履歴を更新
(2013年9月6日)
--------------------------------------------------------------------------------------

 人類が経験した最大の気候変動、10万年周期の氷期─間氷期サイクルのメカニズムを解明 
国立極地研究所の阿部彩子客員准教授(東京大学大気海洋研究所准教授)、川村賢二准教授、奥野淳一研究員、海洋開発研究機構の齋藤冬樹研究員らによる共同研究チームが、10万年周期の氷期−間氷期サイクルのメカニズムを、本格的な気候・氷床モデルを用いたシミュレーションにより解き明かしました。この研究成果は、地球温暖化に伴う氷床の長期予測や、より過去にさかのぼった気候変動史の解明にとっても重要なステップとなります。
この研究成果は、8月8日発行の「Nature誌」に掲載されました。
(2013年8月16日)
http://www.nipr.ac.jp/info/notice/20130808.html
http://www.nature.com/nature/journal/v500/n7461/abs/nature12374.html
--------------------------------------------------------------------------------------
 DF2期コアのトラフ深度前後取り違え判明と、それに対する対応策(会員向け情報)
コアIDと深度の変更を必要とする案件がありましたので、以下に周知いたします。

【背景事情】 ドームふじ2期コアの、コアID26-158~26-163の3.0m長の区間で、水同位体数値の連続性に異常があることを植村(琉球大)らが発見し、コア深度の扱いにエラーのあった可能性が高いことを指摘しました。コア掘削現場から、コア現場処理に至る経路のどこかで、コアトラフID 1720(コアID 26-158~26-160)(1.5m長)と、コアトラフID1721(コアID 26-161~26-163)(1.5m長)のとりちがえがあった可能性が浮上しました。調査の結果、コア切断面の凸凹形状や、掘削現場でコア表面に鉛筆記載されたコア深度などの状況から、この2トラフのとり違えがあったことを確認しました。
詳細は、下記の会員ページに、説明ドキュメントをおきました。2013年7月12日)

http://polaris.nipr.ac.jp/~icc/NC/htdocs/?page_id=119
-------------------------------------------------------------------------------------
 ICCの新メーリングリストについて(会員向け情報)
会員用の新規メーリングリストとして、ドメイン名@dficc.orgのMLを立ち上げました。@の左側は、これまでと同様、icc-## (##部分は各リスト毎)です。また、icc-talkは利用数がすくなかったので廃止し、icc全体に対する連絡はicc-announceに集約します。(ICC事務局) 
2013年6月18日)
--------------------------------------------------------------------------------------
 
ICC規約と申し合わせの改正について(会員向け情報)
昨年度第2回・第3回ICC運営委員会で、ICCの規約と申し合わせの改定案を審議し、皆様に会員向けメールアナウンスと、会員ページに掲示して周知してまいりました。

http://polaris.nipr.ac.jp/~icc/NC/htdocs/?page_id=116

規約・申し合わせ改正の要点は、研究と論文執筆の活性化を目的として、アイスコアの配分に基づいてデータを取得した場合に、データを内部公開する期限(データセット完成後半年以内)と論文執筆をおこなう期限(データセット完成後1年以内)を申し合わせの上で定めたことです。

 背景の事情、そして、具体的な改正内容や運用の考え方につきましては、上記ページをご覧ください。4月1日をもって、改正されました. (2013年6月13日)
--------------------------------------------------------------------------------------

 
 

           連     携

 


 
 

 
 
 
 
 
 
 

アイスコアの解説書

本書籍は、アイスコア研究のイントロから先端までをカバーする解説として特におすすめします.

 アイスコア
─地球環境のタイムカプセル─


編著者:藤井理行・本山秀明
解説:極地の氷からドリルで掘り出したアイスコアは、地球環境のタイムカプセルです。南極ドームふじアイスコアなどから、地球環境の変遷の他、超新星爆発など宇宙環境のイベントが、明らかとなってきました。最先端で研究に携わる研究者が解説します。
目次と執筆者筆者一覧
出版社:成山堂書店 
ISBN:9784425570119
価格:¥2,520

ドームふじ氷床コア深層掘削計画のなかで、当時未踏のドームふじ地域を調査した経緯についての本
極地研ライブラリー 未踏の南極ドームを探る-内陸雪原の13カ月
著者:上田豊

 ドームふじ深層掘削計画の立案から実施までの記録

極地研叢書
「南極大陸の氷を掘る!: ド-ムふじ深層掘削計画の立案から実施までの全記録」 著者: 渡邊興亞