ICC

アイスコアコンソーシアム(略称:ICC)は、国立極地研究所氷床コア研究委員会の中に設置された共同研究組織です。ICC は南極氷床ドームふじ深層掘削計画で掘削されたアイスコアの解析と研究の実施、 研究の連携と推進を図る目的で設置されています。
 

研究集会の情報

<2014>
  極域科学シンポジウム
●会期: 平成26年12月2日(火)~12月5日(金) 
会場: 国立極地研究所、および統計数理研究所、国立国語研究所 
  東京都立川市緑町
発表申込および講演予稿集原稿の提出期限: 
9月19日(金) 
※前回同様、発表申込と予稿集原稿を同時に受け付けますのでご注意下さい。
※講演申込はWEBによる受付を8月上旬から行う予定です。詳細につきましては、後日連絡いたします。 
お問合せ先: 国立極地研究所 極域科学シンポジウム実行委員会(幹事:土井浩一郎) 
Email:polar-sympo2014[at] nipr.ac.jp ([at]は@に変更下さい)

  雪氷研究大会2014・八戸

大会開催期間: 2014920()23()
研究発表: 920日~22日 於八戸工業大学(青森県八戸市妙字大開88-1)
雪氷楽会・子どもと雪氷を楽しむ会: 923日 於八戸ポータルミュージアムはっち(青森県八戸市三日町11-1)
研究発表登録71日(火)正午~716日(水)

●参加事前登録71日(火)~818日(月)
●参加費等の支払い821日(木)までは「事前登録」扱い822日(金)以降は「会場登録」扱い割増料金(1000円増)
大会のページ: https://sites.google.com/site/jcsir2014/


※会員の方々へ
本欄に記載すべき研究会合等の情報を、事務局までお寄せください。
 
 

ICC事務局

E-mail: icc-admin  [at]  dficc.org
大学共同利用機関法人 情報・システム研究機構
国立極地研究所内
〒190-8518 東京都立川市緑町10-3
---------------------------------------------------
All Rights Reserved, Copyright ©
National Institute of Polar Research 
 
 

国立極地研究所



 

カウンタ 2014年

COUNTER8813

オンライン状況

オンラインユーザー2人


国立極地研究所を南側から見る。

北側ゲート。
 
ICCについて

 
 組織の背景・設置目的と活動
 
 アイスコアコンソーシアム(略称:ICC)は、国立極地研究所氷床コア研究委員会の中に設置された共同研究組織です。ICC は南極氷床ドームふじ深層掘削計画で掘削された深層および浅層コア(以下、「アイスコア」という)の解析と研究を実施する目的で組織されました。 研究の有機的連携及び効果的な推進を図る目的で設置されています。構成メンバーは各研究機関や大学からの参加で合計約80名です。規約ならびに申し合わせは本ページの後半に記載されています。

 ICCは、その目的を達成するために、次の活動を行います。
1) 国立極地研究所氷床コア研究委員会から付託されたアイスコアの管理、研究計画立案、解析の実施
2) 解析情報の相互利用と共同研究の推進
3) 研究会の開催
4) 研究成果の国内外への発信の奨励
5) その他、ICCの目的を達成するために必要な活動
 ICCは下記の会員をもって構成しています。
1)第一期および第二期コアの掘削、解析などプロジェクト推進に関わった研究者。但し研究者とは学生・大学院生を除きます。
2)上記研究者と研究を共にする共同研究者。(但し、海外の研究者との共同研究に関しては申し合わせ事項で別に定めます。)
3) ICCの趣旨に賛同し、コア研究の発展に貢献可能な研究者で、ICC運営委員会が承認した研究者。
 ICCへの入会を希望する方は、入会申込書を事務局に電子メールで提出し、運営委員会の承認を得る必要があります。書式は事務局にお問い合わせください。
組織および規約については、本ページのメニューから閲覧できます。

----- English -----
      This consortium calls Ice Core Consortium (abbreviated name: ICC). ICC is installed into the National Institute of Polar Research (henceforth “NIPR”) Ice Core Research Committee. ICC is a joint research organization for doing the analysis and research of the deep and shallow ice cores (henceforth "ice cores") drilled in a framework of the Dome Fuji deep ice coring project. It is installed in order to aim at organic cooperation and effective promotion of research. ICC performs the following activities, in order to attain the purpose of it.

1)  Management of the ice core, planning of research and implementation of analysis, committed from the NIPR Ice Core Research Committee
2)  Promotion of mutual use of analysis information, and joint research
3)  Holding of research meetings
4)  Encouragement of dispatch of a research result toward both domestic and international research communities
5)  Other activities required in order to attain the purpose of ICC.

ICC is constituted with the following members. However, students and graduate students are not included in ICC members.
1) The researchers concerned with project promotion and ice core analysis in the first term and the second term of the Dome Fuji deep ice coring project.
2) The collaborators of the above-mentioned researchers (Collaboration with overseas researchers is independently determined.).
3) The researchers who consent to the meaning of ICC and can contribute to development of core research.

Those who wish admission to ICC have to submit an application form for admission (E-mail) to the secretariat, and have to get the approval of the steering committee.


  アイスコアコンソーシアム規約 : ICC regulations (As for English translation, contact to the ICC Secretariat.)
  コア及びデータ利用、成果公開に関する申し合わせ: Agreement about ice core use and data use, and result public presentation (As for English translation, contact to the ICC Secretariat.)


  ICC運営委員会および監事: ICC Steering Committee and supervisors
   南極氷床ドームふじ深層掘削計画へのリンク: Link to Dome Fuji Deep Coring Project

下図:ドームふじ氷床コアおよびICC組織の概念図
Figure: Schematic image for organization for research activity of  the Dome Fuji deep ice cores


 
 
        


  入会申込書_date_name.pdf


 
 

           連     携

 


 
 

 
 
 
 
 
 
 

アイスコアの解説書

本書籍は、アイスコア研究のイントロから先端までをカバーする解説として特におすすめします.

 アイスコア
─地球環境のタイムカプセル─


編著者:藤井理行・本山秀明
解説:極地の氷からドリルで掘り出したアイスコアは、地球環境のタイムカプセルです。南極ドームふじアイスコアなどから、地球環境の変遷の他、超新星爆発など宇宙環境のイベントが、明らかとなってきました。最先端で研究に携わる研究者が解説します。
目次と執筆者筆者一覧
出版社:成山堂書店 
ISBN:9784425570119
価格:¥2,520

ドームふじ氷床コア深層掘削計画のなかで、当時未踏のドームふじ地域を調査した経緯についての本
極地研ライブラリー 未踏の南極ドームを探る-内陸雪原の13カ月
著者:上田豊

 ドームふじ深層掘削計画の立案から実施までの記録

極地研叢書
「南極大陸の氷を掘る!: ド-ムふじ深層掘削計画の立案から実施までの全記録」 著者: 渡邊興亞