南極・昭和基地で受信するNOAA衛星のホームページ
AANOAA衛星  南極昭和基地受信データ HOME
NOAA Data received at Syowa Station, Antarctica
A Research Project by Japanese Antarctic Research Expedition (JARE)
センサーと運用 画像ご利用時お知らせください
極地研 ADS Gallery 旧データベース(更新中)
南極の水循環のページ/平沢 南極に行きたい方
はじめに
このページは南極地域観測事業において実施されている衛星観測モニタリング観測を説明し、 画像化した観測データを配信しています。

データの検索
画像データに興味をお持ちの方は、当ページの上部にある二つのボタンから先にお進みください。 極地研 ADS Galleryは極地研究所が運営するデータベースシステムにアクセスします (そこから先に進むのに少し分かりにくいかも知れません)。ここで解像度の高いデータにアクセスできます。 旧データベースはクイックルック画像を集めており、これまで数多くの研究・報告書に利用、 引用されてきました。

4つの世代
昭和基地における衛星データの受信には4つの世代がありました。第1世代は1980年代にNOAA衛星 の受信を目的に実施されています(文献-1)。その後、1990年代になって、オーロラ観測(EXOS衛星) と大気観測(MOS衛星)、及びその後に計画されていた各種の地球観測衛星を受信すべく、 口径11mの大型アンテナを用いた第2世代が展開します。そして、NOAA衛星及びDMSP衛星 (データ搬送波:L/Sバンド)のデータを、より小型の地球局アンテナ設備で受信する第3世代が 1997年に始まりました(文献-2)。更に、2011年には搬送波:XバンドのTera衛星及びAqua衛星のデータを 受信できる小型のアンテナ設備を付加し、第4世代がスタートしています。 ここで扱うデータは第3世代及び第4世代を主とします。
時代の流れとともに第2世代のシステムを使う衛星は少なくなり、現在、大型アンテナを用いた 衛星の受信は実施されていません。
  ⇒  第2世代と第3世代のシステムの概要はこちら

ここでは、米国の海洋大気庁(National Oceanic and Atmospheric Administration :NOAA ) が運営している極軌道環境衛星(Polar Operational Environmental Satellite : POES) を NOAA 衛星と呼びます。
NOAAのホームページ: www.nesdis.noaa.gov/satellites.html

【文献】
1 山内恭・瀬古勝基編, NOAA 衛星から見た南極一雪・氷・雪一, 国立極地研究所発行, 1992年3月
2 平沢・改井・山内(2002、南極資料)
南極・衛星データ受信プロジェクト
プロジェクトの概要
本プロジェクトは日本南極地域観測隊の地球観測衛星によるモニタリング観測として1997年から 実施しています。受信されたデータは即座に1次処理され、気象庁・WMOなど、いち早くデータを 必要とする公共機関に配信しています。クイックルック画像(QL画像)は昭和基地における 野外観測・野外作業に向けた天気予報の材料として利用されているとともに、各種報告書・研究論文、 研究のための概観資料としても役立っています。これまで20年以上に渡ってアーカイブされたQL画像は、 データベースを介して取得できます(旧データベース)。それとは別に、極域データシステム(ADS) へのアーカイブを始めています(極地研 ADS Gallery)。

QL画像は以下のセンサーについて作られています:
衛星 センサー 波長帯
NOAA & MetOp AVHRR 可視
NOAA & MetOp AVHRR 赤外
Terra & Aqua MODIS 可視
Terra & Aqua MODIS 赤外
QL画像のご利用にあたって
これらのQL画像は極地研究所が著作権を持ちますが、研究、教育などのご利用には制限を設けていません。 ただし、商用活動へのご利用はお控えください。
ご利用いただいた場合に、ぜひ、その内容を簡単に連絡いただくことをご検討ください。いただいたご報告は、 この活動が社会活動に役立っていることの証として、このプロジェクトの継続を支えています。

画像利用のご報告、お問い合わせは、

宛てにお願いいたします。 お知らせいただく内容はこちらをご覧ください。

画像データのサンプル
昭和基地で受信されるNOAAデータの領域の広さと解像度の 目安として、広さと解像度の違う3種類の画像を以下で見ることができます。
L(大領域)画像は約2700km幅の短冊様のデータ範囲を確認できます。

M(中領域)画像はこちら S(小領域)画像はこちらをクリックすると別のウィンドウで表示されます。

L(大領域)画像
 
T O P