情報基盤センター情報基盤センター
 

お知らせ

 極地研究所は、SINET回線を通じてインターネットに接続しており、国内外の大学・研究機関等と連携し、昭和基地をはじめとする南極・北極域の観測データを共有利用する体制を構築しています。 
 極地研究所と昭和基地との間は、衛星通信回線により24時間365日接続しており、昭和基地で得られた観測データを国内に常時伝送することができるようになっています。同時に、国内から昭和基地の運用管理の支援に活用されています。
 南極観測船「しらせ」の運航中は、しらせ艦内の隊員と国内および昭和基地とを結び、迅速な観測隊の運営を可能にする情報通信体制を構築しています。
 昭和基地には、衛星通信のための地球局設備を運営しており、毎年LAN・インテルサット担当隊員を派遣し、昭和基地のネットワークの運営を行っています。
 これらの情報通信基盤によって、東京都立川市の極地研究所を経由して、国内研究機関と昭和基地を結び、南極観測と極域科学の研究を支援しています。

 1997年2月(第37次隊)昭和基地向け電子メール運用開始
 1998年2月(第38次隊)昭和基地ネットワーク運用開始
 2000年11月(第40次隊)しらせ向け電子メール運用開始
 2004年5月(第45次隊) 昭和基地‐極地研間常時接続衛星通信回線運用開始(1Mbps)
 2008年3月(第59次隊)衛星通信回線増速(4Mbps)
 

お知らせ


 ネットワーク
図1.インターネット・関連研究機関と昭和基地・しらせをつなぐネットワーク

インテルサット制御室
写真1.昭和基地インテルサット地球局アンテナレドームと制御室