ICC

イスコアコンソーシアム(略称:ICC)は、国立極地研究所アイスコア研究委員会の中に設置された共同研究組織です。ICC は南極氷床ドームふじ深層掘削計画で掘削されたアイスコアの解析と研究の実施、 研究の連携と推進をはかる目的で設置されています。

ドームふじICCのロゴ
 

研究集会の情報

※会員の方々へ
本欄に記載すべき研究会合等の情報を事務局までお寄せください。

 JpGU2022
https://www.jpgu.org/meeting_j2022/
A-CC29 アイスコアと古環境モデリング
開催日時:5月26日 (AM1,AM2:口頭発表、PM:現地ポスターコアタイム)
最終投稿締切:2月17日(木) 17:00


 3rd IPICS Open Science Conference 日程が2022年に再設定されました。
Ice Core Science at the three Poles
October 2022 in Crans-Montana, Switzerland







JGR Earth Surface 誌の表紙ページにドームふじ深層コアが掲載されました。
 
Ohno, H. et al.,  Physicochemical properties of bottom ice from Dome Fuji, inland East Antarctica, Journal of Geophysical Research: Earth Surface, doi:10.1002/2015jf003777, 2016.
  

 

ICC事務局

E-mail: teionsitu  [at]  nipr.ac.jp
大学共同利用機関法人
情報・システム研究機構
国立極地研究所内
〒190-8518 東京都立川市緑町10-3
---------------------------------------------------
All Rights Reserved, Copyright ©
National Institute of Polar Research 

 
 

国立極地研究所



 









 

カウンタ 2016年

COUNTER203609

オンライン状況

Online Users7


国立極地研究所を南側から見る。

北側ゲート。
 
ICC Steering Committee and Supervisors
ICC Steering Committee
(Term: May 2018 - March 2020)

役割
担当者 (カッコ内、所属)
運営委員長
藤田秀二 (国立極地研究所)
運営副委員長(事務局長)
川村賢二 (国立極地研究所)
化学解析研究グループ幹事
東久美子 (国立極地研究所)
同上、副幹事
植村 立 (琉球大学)
同上、副幹事
藤田耕史 (名古屋大学)
物理解析研究グループ幹事
藤田秀二 (国立極地研究所)
同上、副幹事
大野 浩 (北見工業大学)
ガス解析研究グループ幹事
青木周司 (東北大学)
同上、副幹事
川村賢二 (国立極地研究所)
新領域研究グループ幹事
堀内一穂 (弘前大学)
同上、副幹事
中澤文男 (国立極地研究所)
同上、副幹事
本山秀明 (国立極地研究所)
同上、副幹事
望月優子 (理化学研究所)
年代決定研究グループ幹事
藤田秀二 (国立極地研究所)
同上、副幹事
川村賢二 (国立極地研究所)

Supervisors