ICC

イスコアコンソーシアム(略称:ICC)は、国立極地研究所アイスコア研究委員会の中に設置された共同研究組織です。ICC は南極氷床ドームふじ深層掘削計画で掘削されたアイスコアの解析と研究の実施、 研究の連携と推進をはかる目的で設置されています。

ドームふじICCのロゴ
 

研究集会の情報

※会員の方々へ
本欄に記載すべき研究会合等の情報を、
事務局までお寄せください。
コロナウイルス拡大の状況のため、
中止が決定された会合が増えています。


ICC年次研究集会 
2020/3/26(木)- 3/27(金)
コロナウイルス対応のため中止

会場:国立極地研究所


 The EGU General Assembly 2020 (EGU2020) 
04 - 08 May, 2020
オンライン開催中
https://www.egu2020.eu/
 
JpGU - AGU Joint Meeting 2020
7月12日~16日 オンライン開催
iPoster形式による発表となりました。(5/6記)
http://www.jpgu.org/meeting_j2020/


 SCAR2020
Antarctic Science - Global Connections
Hobart, Australia
31 July - 11 August 2020
The abstract deadline: 28th February 2020.
https://www.scarcomnap2020.org/call-for-abstracts/
Second-Circular
call-for-abstracts
実会合の中止が決まりました。

 IPICS
The 3rd IPICS Open Science Conference
18-24 October 2020 in Crans-Montana, Switzerland.
https://indico.psi.ch/event/6697/
The call for abstracts will be open
 from 1 January to 30 April 2020.

email; ipics@psi.ch
Convener: Margit Schwikowski
i一年間の延期が決まりました。(4/1記)

CRYOSPHERE 2020
The CRYOSPHERE 2020, the International 
Symposium on Ice, Snow and Water in a Warming World
Venue and date:  Harpa Conference Centre 
in Reykjavík, Iceland during 21–24 September 2020.

Early Bird registration deadline: 1 July 2020. 
The deadline for abstract submission:15 April 2020. 
Notification of acceptance: by 1 June 2020
The symposium website 
https://www.cryosphere2020.is/
.




JGR Earth Surface 誌の表紙ページにドームふじ深層コアが掲載されました。
 
Ohno, H. et al.,  Physicochemical properties of bottom ice from Dome Fuji, inland East Antarctica, Journal of Geophysical Research: Earth Surface, doi:10.1002/2015jf003777, 2016.
  

 

ICC事務局

E-mail: teionsitu  [at]  nipr.ac.jp
大学共同利用機関法人
情報・システム研究機構
国立極地研究所内
〒190-8518 東京都立川市緑町10-3
---------------------------------------------------
All Rights Reserved, Copyright ©
National Institute of Polar Research 

 
 

国立極地研究所



 









 

カウンタ 2016年

COUNTER129630

オンライン状況

Online Users3


国立極地研究所を南側から見る。

北側ゲート。
 
IPICS
ドームふじアイスコアをはじめとしたアイスコア研究の国際連携は、International Partnerships in Ice Core Sciences (IPICS)を通じて行なっています。IPICSは、国際間の連携・共同により関連研究者がより力を発揮できることを目的に、情報交換や協力体制の模索がおこなわれています

 
   2016年3月8日に開催されたSteering Committee Meetingの議事録 PDF

   2016年3月に開催されたOpen Science Conference (豪州 Hobart)
  http://www.ipics2016.org/  


会合の全体写真


   2018年6月に開催されたOldest Ice Workshop (スイス Davos)の議事案 NEW PDF
                                                                                         参加記録メモNEWPDF
                                                                                        公式minutes NEWPDF

各プロジェクトの計画書 
順次更新されていきます。


1. The oldest ice core: A 1.5 million year record of climate and greenhouse gases from Antarctica (a time period where Earth’s climate shifted from 40,000 year to 100,000 year cycles).→
PDF

2. NEEM: The last interglacial and beyond: A northwest Greenland deep ice core drilling project (a deep ice core in Greenland recovering an intact record of the last interglacial period).→PDF

3. The IPICS 40,000 year network: A bipolar record of climate forcing and response.→PDF
 
4. The IPICS 2k Array: A network of ice core climate and climate forcing records for the last two millennia.→PDF
 
A fifth, and critical, element of IPICS is the development of advanced ice core drilling technology.→PDF
 
2008年各国のナショナルレポート.→PDF

議事録アーカイブ 
 
2008年4月に開催されたIPICS会議の議事録.→PDF