ICC

イスコアコンソーシアム(略称:ICC)は、国立極地研究所アイスコア研究委員会の中に設置された共同研究組織です。ICC は南極氷床ドームふじ深層掘削計画で掘削されたアイスコアの解析と研究の実施、 研究の連携と推進をはかる目的で設置されています。

ドームふじICCのロゴ
 

研究集会の情報

※会員の方々へ
本欄に記載すべき研究会合等の情報を、
事務局までお寄せください。
コロナウイルス拡大の状況のため、
中止が決定された会合が増えています。


ICC年次研究集会 
2020/3/26(木)- 3/27(金)
コロナウイルス対応のため中止

会場:国立極地研究所


 The EGU General Assembly 2020 (EGU2020) 
04 - 08 May, 2020
オンライン開催中
https://www.egu2020.eu/
 
JpGU - AGU Joint Meeting 2020
7月12日~16日 オンライン開催
iPoster形式による発表となりました。(5/6記)
http://www.jpgu.org/meeting_j2020/


 SCAR2020
Antarctic Science - Global Connections
Hobart, Australia
31 July - 11 August 2020
The abstract deadline: 28th February 2020.
https://www.scarcomnap2020.org/call-for-abstracts/
Second-Circular
call-for-abstracts
実会合の中止が決まりました。

 IPICS
The 3rd IPICS Open Science Conference
18-24 October 2020 in Crans-Montana, Switzerland.
https://indico.psi.ch/event/6697/
The call for abstracts will be open
 from 1 January to 30 April 2020.

email; ipics@psi.ch
Convener: Margit Schwikowski
i一年間の延期が決まりました。(4/1記)

CRYOSPHERE 2020
The CRYOSPHERE 2020, the International 
Symposium on Ice, Snow and Water in a Warming World
Venue and date:  Harpa Conference Centre 
in Reykjavík, Iceland during 21–24 September 2020.

Early Bird registration deadline: 1 July 2020. 
The deadline for abstract submission:15 April 2020. 
Notification of acceptance: by 1 June 2020
The symposium website 
https://www.cryosphere2020.is/
.




JGR Earth Surface 誌の表紙ページにドームふじ深層コアが掲載されました。
 
Ohno, H. et al.,  Physicochemical properties of bottom ice from Dome Fuji, inland East Antarctica, Journal of Geophysical Research: Earth Surface, doi:10.1002/2015jf003777, 2016.
  

 

ICC事務局

E-mail: teionsitu  [at]  nipr.ac.jp
大学共同利用機関法人
情報・システム研究機構
国立極地研究所内
〒190-8518 東京都立川市緑町10-3
---------------------------------------------------
All Rights Reserved, Copyright ©
National Institute of Polar Research 

 
 

国立極地研究所



 









 

カウンタ 2016年

COUNTER129623

オンライン状況

Online Users4


国立極地研究所を南側から見る。

北側ゲート。
 
Press release
プレスリリース[List of all topics]
12Next

19/8/26南極の海洋生物起源の硫酸塩エアロゾルは氷期に...(0 replies)URLishida2019/10/04
18/11/30北極から南極へ気候変動が伝わる2つの経路(0 replies)URLadmin2019/02/18
18/3/6 南極の気温と⼆酸化炭素変動の不⼀致は⽇射量が...(0 replies)Upload fileadmin2018/03/12
16/5/24 積雪が氷へと変化する速度に影響する2つの有...(0 replies)URL管理者2017/03/28
17/3/6 南極ドームふじアイスコアを1年刻みで化学組成分析(0 replies)URL管理者2017/03/28
17/2/9 72万年間の気候不安定性をドームふじコア解析...(0 replies)管理者2017/03/28
17/2/8 南極ドームふじ・ドームCアイスコアの降雪堆積...(0 replies)管理者2017/03/28
16/12/22 南極ドームふじアイスコア最深部の物理化学...(0 replies)URL管理者2016/12/28
16/04/12 南極アイスコアと赤道太平洋堆積物より地磁...(0 replies)URL管理者2016/04/12
15/11/16 南極ドームふじ・ドームCアイスコアの等年...(0 replies)URLUpload file管理者2016/03/24
15/07/30 太陽活動の活発化がグリーンランドの寒冷化を誘起(0 replies)URL管理者2016/03/23
14/07/22 過去2000年の火山噴火の歴史(0 replies)URL管理者2016/03/23
13/11/06 最古のアイスコアは南極のどこにあるのか?(0 replies)URL管理者2016/03/23
13/08/16 10万年周期の氷期─間氷期サイクルのメカ...(0 replies)URL管理者2016/03/23
12/10/01 氷期-間氷期の気温変動に硫酸塩エアロゾル...(0 replies)URL管理者2016/03/23
12/10/29 氷床と大陸岩盤の界面の大部分に融解水があ...(0 replies)URL管理者2016/03/23
11/11/16 東南極内陸で20世紀後半以降の積雪量が増大(0 replies)Upload file管理者2016/03/23
11/11/22 グリーランド氷床の表面温度を過去4千年に...(0 replies)Upload file管理者2016/03/23
09/12/01 ドームふじコアに2層の微隕石層を発見(0 replies)管理者2016/03/23
09/11/26 川村賢二が2009年度堀内賞受賞(0 replies)管理者2016/03/23
12Next