この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。
 
●国立極地研究所の入館制限について
新型コロナウイルス感染の拡大防止のため、当研究所への来訪者については、立川キャンパス内の総合研究棟及び極地観測棟への入館を一時制限させていただいております。ご協力方よろしくお願いいたします。

 
低温室ユーザー専用ページ
ユーザー専用ページの閲覧にはログインIDとパスワードが必要になります。
閲覧を希望する場合は下記連絡先にお問い合わせ下さい。
ユーザーページコンテンツ
・入庫・出庫登録
・貯蔵資試料データベースリンク
・低温室内監視カメラの現在映像など
 
所内アクセス限定の低温室ページ
ユーザーページとほぼ同等の内容を所内掲示版よりご覧いただけます。
 

連絡先

  大学共同利用機関法人
  情報・システム研究機構 
  国立極地研究所 
  アイスコア研究センター
  〒190-8518 
  東京都立川市緑町10-3
  E-mail: teionsitu [at] nipr.ac.jp 
  *[at]を@に変換して下さい。
  担当者についてはこちら
  参照して下さい。
 ---------------------------------------
    All Rights Reserved, Copyright ©
    National Institute of Polar Research

 

サイト内検索

アクセスカウンター

COUNTER260278

オンライン状況

オンラインユーザー4人

常温室


実験準備モニタ室、および、超低温冷凍庫室

低温室と連動した2つの常温室があります。これらは、低温実験の準備や入退室管理、低温室の監視、関連物資の保管、関連実験、それに、フリーザーを利用した実験や試料保管に用います。


表3: 低温室関連室の一覧  
室名
用途および仕様特徴
室温およ
照度負
面積(m2)
実験準備モニタ室
低温室への入退室は原則この部屋を経由しておこなう。全ての低温室の状況をこの部屋で監視する。低温実験の準備、低温試料の搬入・搬出管理に使用をする。低温実験で使用する物品保管を実施する。この部屋は、雪氷コア解析室、低温クリーンルーム、低温生態実験室、低温実験室Aと隣接をし、小扉、小窓、カラ配管が設置されている。低温室と連動を要する実験や常温機器設置にも使用できる。有線LANに加え無線LANが設置されている。
夏期26
冬期22
600 lx
108
超低温
冷凍庫室
サンプルの超冷凍保存用のフリーザーを設置する、サンプル貯蔵を主目的とした部屋。-50℃以下の温度で貯蔵が必要な試料については、この部屋に設置をするフリーザーに貯蔵をする。また、-154℃までの低温実験をこのフリーザーを用いて実施可能である。この部屋自体は常温である。低温環境実験室のモニタ室も兼ねる。低温室と連動を要する実験や機器設置にも使用できる。

主な設備・・・(1) 超低温フリーザー サンヨー製 MDF-1155AT、温度調節範囲 -100-153℃、内寸(幅 x 奥行き x 高さ): 500x450x572 mm、有効内容積: 128L
(2) 超低温フリーザー サンヨー製 
MDF392、温度調節範囲 -20℃~-85℃、内寸(幅 x 奥行き x 高さ): 1120x520x532 mm、有効内容積: 309 L
(3) 超低温フリーザー サンヨー製 
MDF293、温度調節範囲 -20℃~-85内寸(幅 x 奥行き x 高さ): 760x420x565 mm、有効内容積: 180 Lその他、低温恒温槽、上下温度差恒温槽等。
夏期26
冬期22
300 lx
45
  

  

 
  
写真: 実験準備モニタ室の更衣スペース(左)と機材調整スペース(右)

 
写真: 実験準備モニタ室と低温室も結ぶ小扉・小窓・カラ配管(左)、それに、入室表示用マグネット板(右)
 
  

写真: 実験準備モニタ室から低温区画への入り口付近



図: 実験準備モニタ室内の目的別区画