Algae

南極昭和基地周辺の淡水藻類
南極昭和基地周辺の淡水藻類国立極地研究所関連データベース生物圏研究グループ極地植物多様性画像データ日本語 / 英語

○ Introduction

はじめに
1.湖沼の藻類
(Algae in lakes and ponds)
2.沢の藻類
(Algae in streams)
3.土壌表面の藻類
(Soil algae)
4.コケ群落の藻類
(Epiphytic algae)
5.岩の表面の藻類
(Epilithic algae)
6.礫底面の藻類
(Sublithic algae)
7.岩の割れ目の藻類
(Chasmolithic algae)
8.雪上の藻類
(Snow algae)

○ 学 名

Cyanothece aeruginosa
Cyanothece major
Gloeocapsa punctata
Gloeocapsa sanguinea
Chondrocysits dermochroa
Leptolyngbya battersii
Leptolyngbya perelegans
Leptolyngbya tenuis
Phormidium autumnale
Nostoc commune
Nodularia quadrata
Calothrix parietina
Dichothrix sp.
Stigonema minutum
Luticola muticopsis
Pinnularia borealis
Botrydiopsis callosa
Chloromonas polyptera

Chloromonas polyptera

学 名

Chloromonas polyptera (Fritsch) Hoham et al., Can. J. Bot. 61, 2418, 1983 (緑藻)
Basionym: Scotiella polyptera Fritsch, J. Linn. Soc., Bot. 40, 327, 1912

分 類

本種は、Fritsch (1912a)によって、サウスオークニー諸島の黄色の雪から新種として記載された。しかし、Hoham(1983)は、北アメリカ産の野外標本の連続的な観察から、Scotiella polypteraChloromonasの接合子であると報告し、C. polypteraに組替えた。その後、Ling and Seppelt (1998b)は、南極産の標本はFritsch (1912a)の報告したものと良く一致するが、北アメリカの標本は接合子の大きさが南極産に比べ小さく(長さ12-28 µm、幅10-17 µm)、南極産標本は表面のリッジがやや螺旋で波打つのに対し、北アメリカ産はほぼまっすぐに配置しているなどと異なること、南極産の生育地は開けた雪原であるのに対し、北アメリカ産は生育地が木陰であることなどから別種と考えた。Ling and Seppelt (1998b)はこれらの他にも、南極産と北アメリカ産では栄養細胞の大きさや、葉緑体の形が異なっていること、北アメリカ産の休眠細胞は接合子であるが、南極産は接合することなく形成されるなどの違いを報告している。Ling and Seppelt (1998b)は命名規約に従い、南極産の標本にChloromonas polyptera (Fritsch) Hoham et al.の学名を保持し、北アメリカ産の標本には新しくC. hohamii Ling and Seppeltの名を提案した。本データベースでは、彼らの見解に従い、南極産の標本にC. polypteraの学名を用いた。

All Rights Reserved, Copyright (c) 2015, National Institute of Polar Research
形状・大きさ等の説明。
分類学的な説明。
生態(生育環境)の説明。
南極大陸での生息地域の説明。
引用文献および参考文献一覧。