Algae

南極昭和基地周辺の淡水藻類
南極昭和基地周辺の淡水藻類国立極地研究所関連データベース生物圏研究グループ極地植物多様性画像データ日本語 / 英語

○ Introduction

はじめに
1.湖沼の藻類
(Algae in lakes and ponds)
2.沢の藻類
(Algae in streams)
3.土壌表面の藻類
(Soil algae)
4.コケ群落の藻類
(Epiphytic algae)
5.岩の表面の藻類
(Epilithic algae)
6.礫底面の藻類
(Sublithic algae)
7.岩の割れ目の藻類
(Chasmolithic algae)
8.雪上の藻類
(Snow algae)

○ 学 名

Cyanothece aeruginosa
Cyanothece major
Gloeocapsa punctata
Gloeocapsa sanguinea
Chondrocysits dermochroa
Leptolyngbya battersii
Leptolyngbya perelegans
Leptolyngbya tenuis
Phormidium autumnale
Nostoc commune
Nodularia quadrata
Calothrix parietina
Dichothrix sp.
Stigonema minutum
Luticola muticopsis
Pinnularia borealis
Botrydiopsis callosa
Chloromonas polyptera
Macrochloris multinucleata
Kentrosphaera grandis
Prasiola crispa
Oedogonium sp.
Actinotaenium cucurbita
Cosmarium cf. clepsydra

Gloeocapsa sanguinea

学 名

Gloeocapsa sanguinea (Agardh.) Kützing Phyc. gen., p. 174, 1843 (藍藻)

記 載

藻体をつつむ最外層の鞘は殆ど無色で、鞘の表面には不規則な細点がある。鞘の内側には、多くのサブコロニーがあり、通常1-2の細胞が鞘に包まれる。細胞は青緑色、球形〜楕円体で直径3-5 µmであり、細胞の外側にオレンジ色〜赤銅色の同心円状の粘鞘を有す。最外層の鞘は、内部の赤銅色の鞘と同程度の幅まで膨らむ。

写真1:黒色岩上の藻被中のGloeocapsa sanguinea。若いコロニーで、サブコロニーは1細胞が成層した赤銅色の鞘に包まれている。最外層の鞘は内部の赤銅色の鞘と同程度の幅まで膨らむ。栄養細胞の直径は4 µm、コロニーの長径は35 µm。標本番号:SO-00012214、スカルブスネス、ホルマリン固定試料、大谷修司撮影。
 
写真2:写真1の標本の焦点を最外層の鞘表面にあわせた。表面には不規則な細点がある。大谷修司撮影。
 
写真3:黒色岩上藻被中のGloeocapsa sanguinea。最外層の鞘が狭い標本。対物レンズ×40、標本番号:SO-00012708、スカーレン、生試料、大谷修司撮影。
 
写真4:Ohtani(1986)が蘚類付着藻類の論文の中でG. ralfsiiとして報告した標本。最外層の鞘の膨らみが小さいこと、サブコロニーの細胞数が1-2個であること、細胞の大きさが、4-5 µmであることなどからG. sanguineaと同定した。コロニーの長径は47 µm。標本番号:冷凍試料971、ラングホブデ雪鳥沢、ホルマリン固定標本、大谷修司撮影。
 
All Rights Reserved, Copyright (c) 2015, National Institute of Polar Research
形状・大きさ等の説明。
分類学的な説明。
生態(生育環境)の説明。
南極大陸での生息地域の説明。
引用文献および参考文献一覧。