Algae

南極昭和基地周辺の淡水藻類
南極昭和基地周辺の淡水藻類国立極地研究所関連データベース生物圏研究グループ極地植物多様性画像データ日本語 / 英語

○ Introduction

はじめに
1.湖沼の藻類
(Algae in lakes and ponds)
2.沢の藻類
(Algae in streams)
3.土壌表面の藻類
(Soil algae)
4.コケ群落の藻類
(Epiphytic algae)
5.岩の表面の藻類
(Epilithic algae)
6.礫底面の藻類
(Sublithic algae)
7.岩の割れ目の藻類
(Chasmolithic algae)
8.雪上の藻類
(Snow algae)

○ 学 名

Cyanothece aeruginosa
Cyanothece major
Gloeocapsa punctata
Gloeocapsa sanguinea
Chondrocysits dermochroa
Leptolyngbya battersii
Leptolyngbya perelegans
Leptolyngbya tenuis
Phormidium autumnale
Nostoc commune
Nodularia quadrata
Calothrix parietina
Dichothrix sp.
Stigonema minutum
Luticola muticopsis
Pinnularia borealis
Botrydiopsis callosa
Chloromonas polyptera
Macrochloris multinucleata
Kentrosphaera grandis
Prasiola crispa
Oedogonium sp.
Actinotaenium cucurbita
Cosmarium cf. clepsydra

Prasiola crispa

学 名

Prasiola crispa (Lightf.) Menegh. , Cenni sulla Organ. e fisiol. Alg., 36, 1838(緑藻)
Basionym: Ulva crispa Lightf. Flor. Scot., II, p. 972, 1777

和 名

ナンキョクカワノリ

記 載

葉状体は肉眼的な大きさになる。細胞は方形、長方形、不規則な多角形であり、幅は4-6µm、長さは5-10µm。細胞同士は互いに接し、平面上に広がる。細胞は数十細胞がサブコロニーをなし、それらの境界部の細胞は不規則な多角形となりやすい。しばしば糸状体となり、細胞は幅よりも長さが短く、幅は9-18µm、長さは3.5-4-10µm。長さと幅の比は1/2〜1。葉緑体は一つあり、星型で、ピレノイドは一個。野外標本は葉状体であることが多いが、BBM培地(15℃)での培養では葉状体にならない。ホルマリン固定標本では、細胞壁は不明瞭となり細胞の間隙が1-2μmあり、サブコロニーの間隙は5μm程度である。

写真1:葉状体の周辺部。数十細胞がサブコロニーを形成している。標本番号:SO-00010202、ラングホブデ、雪鳥沢、土壌、大谷修司撮影。
 
写真2:葉状体の拡大。細胞は規則的にならぶが、サブコロニーの周辺部は不規則となる。標本番号:SO-99122605、ラングホブデ、四つ池谷、土壌、大谷修司撮影。
 
写真3:ホルマリン固定標本では、細胞壁が不明瞭となり、細胞間隙が1-2μmあり、数十細胞からなるサブコロニーの間隙は5μm程度である。標本番号:SO-00022303、アムンゼン湾リチャードソン山麓、大谷修司撮影。
 
写真4:本種の糸状体。標本番号:SO-00012211、スカルブスネス、鳥の巣湾、土壌、大谷修司撮影。
 
All Rights Reserved, Copyright (c) 2015, National Institute of Polar Research
形状・大きさ等の説明。
分類学的な説明。
生態(生育環境)の説明。
南極大陸での生息地域の説明。
引用文献および参考文献一覧。