Algae

南極昭和基地周辺の淡水藻類
南極昭和基地周辺の淡水藻類国立極地研究所関連データベース生物圏研究グループ極地植物多様性画像データ日本語 / 英語

○ Introduction

はじめに
1.湖沼の藻類
(Algae in lakes and ponds)
2.沢の藻類
(Algae in streams)
3.土壌表面の藻類
(Soil algae)
4.コケ群落の藻類
(Epiphytic algae)
5.岩の表面の藻類
(Epilithic algae)
6.礫底面の藻類
(Sublithic algae)
7.岩の割れ目の藻類
(Chasmolithic algae)
8.雪上の藻類
(Snow algae)

○ 学 名

Cyanothece aeruginosa
Cyanothece major
Gloeocapsa punctata
Gloeocapsa sanguinea
Chondrocysits dermochroa
Leptolyngbya battersii
Leptolyngbya perelegans
Leptolyngbya tenuis
Phormidium autumnale
Nostoc commune
Nodularia quadrata
Calothrix parietina
Dichothrix sp.
Stigonema minutum
Luticola muticopsis
Pinnularia borealis
Botrydiopsis callosa
Chloromonas polyptera
Macrochloris multinucleata
Kentrosphaera grandis
Prasiola crispa
Oedogonium sp.
Actinotaenium cucurbita
Cosmarium cf. clepsydra

5.岩の表面の藻類(Epilithic algae)

昭和基地周辺の露岩地域では、岩の表面に墨を流したように黒くなっていることがある(図28,29)。


図28 西向きの岩盤表面の藻類コロニー。黒色の部分は,ほとんどが藍藻類。1999年12月26日,ラングホブデ四つ池谷(大谷修司撮影)
 


夏の調査では、岩の上部の氷や雪が解け、水がその黒い部分に沿うように流れている。場所によっては乾いている場合もある。この黒い色はほぼ純粋な藍藻類のコロニーである。


図29 北向きの岩盤表面の藻類コロニー。岩盤表面を薄く水が流れている。2000年1月27日,スカーレン(大谷修司撮影)
 



図30 黒色の部分を剥ぎ取り顕微鏡で観察すると,粘液質に覆われた藍藻類数種が混生する。糸状体はCalothrix parietina , 他の球形は,Gloeocapsa 属, Gloeocapsopsis 属等。標本番号SO-00012907,スカーレン(大谷修司撮影)
 


この生育地では、Gloeocapsa sanguinea他、Gloeocapsa属の数種、Calothirix parietina等が優占する。いずれの種類も細胞は、赤銅色、褐色、黒紫色などに着色した厚い粘質に被われている(図30)。

 わずかな雪解け水に依存しているこれらの藻類は、この粘質によって、急激な乾燥や強い日射から耐えていると考えられている(Broady, 1986)。同様のコロニーはベストフォールドヒルズ(Broady,1986)、モーソンロック(Broady,1982)など大陸性南極から報告されている。海洋性南極のシグニー島では、海に面した岩の表面から緑藻Prasiococcus calcariusが優占種となっていることが報告されているが(Broady,1983)、昭和基地周辺ではこの生息場所からは緑藻や珪藻は見つかっていない。



本データベースは独立行政法人日本学術振興会平成19年度科学研究費補助金
(研究成果公開促進費)の交付を受け公開しております。
All Rights Reserved, Copyright (c) 2015, National Institute of Polar Research
引用文献および参考文献一覧。