Algae

南極昭和基地周辺の淡水藻類
南極昭和基地周辺の淡水藻類国立極地研究所関連データベース生物圏研究グループ極地植物多様性画像データ日本語 / 英語

○ Introduction

はじめに
1.湖沼の藻類
(Algae in lakes and ponds)
2.沢の藻類
(Algae in streams)
3.土壌表面の藻類
(Soil algae)
4.コケ群落の藻類
(Epiphytic algae)
5.岩の表面の藻類
(Epilithic algae)
6.礫底面の藻類
(Sublithic algae)
7.岩の割れ目の藻類
(Chasmolithic algae)
8.雪上の藻類
(Snow algae)

○ 学 名

Cyanothece aeruginosa
Cyanothece major
Gloeocapsa punctata
Gloeocapsa sanguinea
Chondrocysits dermochroa
Leptolyngbya battersii
Leptolyngbya perelegans
Leptolyngbya tenuis
Phormidium autumnale
Nostoc commune
Nodularia quadrata
Calothrix parietina
Dichothrix sp.
Stigonema minutum
Luticola muticopsis
Pinnularia borealis
Botrydiopsis callosa
Chloromonas polyptera
Macrochloris multinucleata
Kentrosphaera grandis
Prasiola crispa
Oedogonium sp.
Actinotaenium cucurbita
Cosmarium cf. clepsydra

3.土壌表面の藻類(Soil algae)

沢の縁辺部、スノードリ フト(雪だまり)近くある いは構造土周囲の土壌 表面(図14)には肉眼 的なコロニーをつくる藻 類がしばしば生育して いる。

図14 亀の甲状の区画が見られる構造土。1999年12月26日,ラングホブデ氷河池付近(大谷修司撮影)
 


代表的なものとしては、 日本にも分布する黒褐 色葉状体のイシクラゲ (Nostoc commune図15)が見られる。

図15 イシクラゲ(Nostoc commune )。1999年12月26日,ラングホブデ氷河池付近(大谷修司撮影)
 


アデリーペンギン(図16)やユキドリ(図17) の営巣地のそばなど 海鳥の糞で富栄養化し た土壌には緑藻ナン キョクカワノリ (Prasiola crispa図18)、緑藻 Prasiococcus calcarius などの緑色のコロニー や糸状藍藻の Phormidium autumnale の黒色のコロニー (図19)などが見られる。


図16 アデリーペンギンのルッカリー。2000年1月22日,スカルブスネス鳥の巣湾(大谷修司撮影)
 



図17 ユキドリの営巣地。1988年3月3日,ラングホブデ雪鳥沢(大谷修司撮影)
 



図18 ナンキョクカワノリ(Prasiola crispa )。周囲に鳥の骨が散在している。1999年12月26日,ラングホブデ四つ池谷(大谷修司撮影)
 



図19 アデリーペンギンのルッカリー付近の藍藻Phormidium autumale の土壌表面のコロニー。2000年1月22日,スカルブスネス鳥の巣湾(大谷修司撮影)
 

著者が南極半島近くの サウスシェトランド諸島の アーデリー島を訪れたとき は、ペンギンルカッリー周辺 がナンキョクカワノリで一面 に被われていることがあっ た(図20)。

図20 ナンキョクカワノリの大群落。1990年12月21日,サウスシェトランド諸島アーデリー島(大谷修司撮影)
 



図21 肉眼的な藻類のコロニーがない乾燥した砂質土壌。土壌微生物と藻類を用いた環境モニタリングのための採集風景。2000年2月4日,オングルカルベン(大谷修司撮影)
 


一見してまったく肉眼的 な藻類が生育していない 乾燥した砂質土壌を採取し (図21)、栄養塩を含んだ 寒天倍地で培養すると、 顕微鏡的な大きさの藻類が 生育してくる(図22)。


図22 栄養分を含む寒天培地上で砂質土壌に光をあてて15℃で培養したもの。緑色の斑点は土壌藻類が増殖したコロニー(大谷修司撮影)
 

 これらのコロニーを柄付針で採取し、顕微鏡観察 すると、藍藻(Leptolyngbya属、Phormidium属、 Nostoc属等)、緑藻(Chlorella属、 Macrochloris属等)、黄緑藻(Botrydiopsis属、 Xanthonema属が多い)や珪藻(Navicula属、 Achnanthes属等)が検出される。昭和基地周辺では 土壌藻類を指標生物として用いて、 土壌環境のモニタリングが行われている (大谷他,2000;Ohtani et al., 2000)。



本データベースは独立行政法人日本学術振興会平成19年度科学研究費補助金
(研究成果公開促進費)の交付を受け公開しております。
All Rights Reserved, Copyright (c) 2015, National Institute of Polar Research
引用文献および参考文献一覧。