写真公開 (画像をクリックすると拡大写真を見ることができます)

本データベースの一部は独立行政法人日本学術振興会
平成15〜19年度 科学研究費補助金(研究成果公開促進費)の交付を受け公開しております。

Database of Polar Biodiversity

極地生物多様性画像データベース

【生物圏研究グループ】




【生物圏研究グループ】

 極域のきわめて厳しい自然環境に対して、生物がいかに適応して生命を維持し、生態系を構成しているかを 明らかにすることを基本課題としています。
 また、地球規模の環境変動に対して、極域の海洋・陸上生物群集が示す敏感な応答性の機構を研究し、『極域の海洋低次生産者』『海洋大型動物』『陸上生物』の3分野を対象として調査研究を進めています。これらの研究のためには資料・データの共有を計る必要があり、極域生物多様性画像データベースを構築し公開しています。

写真公開 (画像をクリックすると拡大写真を見ることができます)
   

All Rights Reserved, Copyright (c) 2005-2015, National Institute of Polar Research

お知らせ
  • 2008年12月25日「冷凍標本データベース」を公開しました。
  • 2008年3月21日「北極・南極域の種子植物」のデータを追加、更新しました。
  • 2008年3月21日「南極昭和基地周辺の地衣類」のデータを追加、更新しました。
  • 2008年3月7日「南極昭和基地周辺の淡水藻類」のデータを追加、更新しました。
  • 2007年3月23日「北極・南極域の種子植物」を公開しました。
  • 2007年3月14日「南極昭和基地周辺の地衣類」のデータを追加、更新しました。
  • 2007年3月9日「南極昭和基地周辺の淡水藻類」のデータを追加、更新しました。
  • 2006年3月30日「南極昭和基地周辺の淡水藻類」のデータを追加、更新しました。
  • 2006年3月29日「南極昭和基地周辺の地衣類」のデータを追加、更新しました。
  • 2006年1月11日「極域植物標本データベース」を公開しました。
  • 2005年9月2日新しく「極域植物標本データベース」の一部を公開しました。
  • 2005年4月11日「南極昭和基地周辺の淡水藻類」を公開しました。
  • 2005年4月5日「南極昭和基地周辺の地衣類」を公開しました。
  • 2005年4月5日データベーストップページを更新しました。