Lichens

南極昭和基地周辺の地衣類
南極昭和基地周辺の地衣類国立極地研究所関連データベース生物圏研究グループ極地植物多様性画像データ日本語 / 英語

○ 学 名


Acarospora williamsii
Buellia frigida
Buellia pycnogonoides
Buellia subfrigida
Caloplaca athallina
Caloplaca citrina
Candelaria murrayi
Candelariella flava
Carbonea capsulata
Lecanora expectans
Lecanora physciella var.
Lecidea andersonii
Lecidea cancriformis
Lecidella siplei
Physcia caesia
Pleopsidium chlorophanum
Pseudephebe minuscula
Pseudephebe pubescens
Rhizocarpon adarense
Rhizocarpon flavum
Rhizoplaca melanophthalma
Rinodina olivaceobrunnea
Umbilicaria aprina
Umbilicaria decussata
Usnea sphacelata
Xanthoria elegans
Xanthoria mawsonii

○ 和 名


コフキアカサビゴケ

Xanthoria mawsonii

学 名

Xanthoria mawsonii C.W. DODGE, British-Australian-New Zealand Antarctic Research Expedition 1929-1931, Report Series, B, Zoology-Botany, 7, 236, 1948.

和 名

コフキアカサビゴケ

生 態

本種と近縁であり、昭和基地周辺地域に普通に分布するアカサビゴケXanthoria elegansと同様に、ペンギンやナンキョクオオトウゾクカモメなどの集団営巣地周辺の富栄養の立地で大きな群落を形成しているが、その分布は大陸氷縁の露岩に限られている。また、既存の産地も多くない。生育基物として母岩石、砂礫、小転石や蘚類の植物体上が知られているが、時に藍藻類のネンジュモ属Nostocの植物体上でもその生育が確認されている。


大規模なペンギンルッカリー(集団営巣地)周辺。厳冬期の9月上旬のため、多くは雪に覆われているが、橙色のアカサビゴケXanthoria elegansや暗灰色のナンキョクスミイボゴケBuellia frigidaの大きな群落が岩石上に姿を見せている。この写真ではコフキアカサビゴケは特定できないが、本種の採集地点のひとつである。(パッダ)
  

コフキアカサビゴケの生育環境。上の写真及びその周辺。(パッダ)
  

上図の近接写真。
Xanthoria mawsonii
C.W. DODGE
  
All Rights Reserved, Copyright (c) 2015, National Institute of Polar Research
形状・大きさ等の説明。
分類学的な説明。
生態(生育環境)の説明。
南極大陸での生息地域の説明。