Lichens

南極昭和基地周辺の地衣類
南極昭和基地周辺の地衣類国立極地研究所関連データベース生物圏研究グループ極地植物多様性画像データ日本語 / 英語

○ 学 名


Acarospora williamsii
Buellia frigida
Buellia pycnogonoides
Buellia subfrigida
Caloplaca athallina
Caloplaca citrina
Candelaria murrayi
Candelariella flava
Carbonea capsulata
Lecanora expectans
Lecanora physciella var.
Lecidea andersonii
Lecidea cancriformis
Lecidella siplei
Physcia caesia
Pleopsidium chlorophanum
Pseudephebe minuscula
Pseudephebe pubescens
Rhizocarpon adarense
Rhizocarpon flavum
Rhizoplaca melanophthalma
Rinodina olivaceobrunnea
Umbilicaria aprina
Umbilicaria decussata
Usnea sphacelata
Xanthoria elegans
Xanthoria mawsonii

○ 和 名


コフキアカサビゴケ

Xanthoria mawsonii

学 名

Xanthoria mawsonii C.W. DODGE, British-Australian-New Zealand Antarctic Research Expedition 1929-1931, Report Series, B, Zoology-Botany, 7, 236, 1948.

和 名

コフキアカサビゴケ

記 載

地衣体thallusは小葉状から鱗片状squamulose、背腹性があり、周縁は不規則に分枝した細裂片よりなり、先端に顆粒状の粉芽sorediaをつける。地衣体背面は橙色、腹面は淡黄色、上皮層upper cortexと下皮層lower cortexを有する。短い偽根rhizineを形成して基物に匍匐あるいはやや立ち上がって叢り、径1〜2 cmのコロニーを形成する。地衣体はKOH溶液で紫色の呈色反応を示し、パリエチンを含む。昭和基地周辺産のものでは子器は知られていない。

Xanthoria mawsonii
C.W. DODGE

標本写真。小葉状から鱗片状の地衣体は背腹性があり、周縁は不規則に分枝した細裂片よりなる。先端に顆粒状の粉芽をつける。
 
All Rights Reserved, Copyright (c) 2015, National Institute of Polar Research
形状・大きさ等の説明。
分類学的な説明。
生態(生育環境)の説明。
南極大陸での生息地域の説明。