Lichens

南極昭和基地周辺の地衣類
南極昭和基地周辺の地衣類国立極地研究所関連データベース生物圏研究グループ極地植物多様性画像データ日本語 / 英語

○ 学 名


Acarospora williamsii
Buellia frigida
Buellia pycnogonoides
Buellia subfrigida
Caloplaca athallina
Caloplaca citrina
Candelaria murrayi
Candelariella flava
Carbonea capsulata
Lecanora expectans
Lecanora physciella var.
Lecidea andersonii
Lecidea cancriformis
Lecidella siplei
Physcia caesia
Pleopsidium chlorophanum
Pseudephebe minuscula
Pseudephebe pubescens
Rhizocarpon adarense
Rhizocarpon flavum
Rhizoplaca melanophthalma
Rinodina olivaceobrunnea
Umbilicaria aprina
Umbilicaria decussata
Usnea sphacelata
Xanthoria elegans

○ 和 名


アカサビゴケ

Xanthoria elegans

学 名

Xanthoria elegans (LINK) TH.FR., Nova Acta Reg. Soc. Sci. Upsala, ser. 3, 3, 69, 1860.

和 名

アカサビゴケ

生 態

本種は昭和基地周辺ではアデリーペンギンやユキドリ、ナンキョクオオトウゾクカモメといった海鳥の営巣地周辺の、燐や窒素分などの無機塩類の供給の良い富栄養の立地環境の岩石上、稀に蘚類の植物体上に生育し、しばしば大規模な群落を形成している。中西 (1982)が本種をコフキシロムカデゴケPhyscia caesia等とともに好鳥糞性地衣類の範疇に加えているとおり、本種の橙色の群落が望見される岩壁は、例えばユキドリが到来しない時期であっても、この海鳥の集団営巣地の所在が容易に推定できるほど本種の生育環境は顕著である。


白色の糞でそれとわかるユキドリの営巣地下部のアカサビゴケ群落。灰色の地衣体はナンキョクスミイボゴケBuellia frigida。(スカルブスネス)
  

アカサビゴケ群落の周辺には必ずユキドリなど海鳥の営巣地が存在する。(ラングホブデ、雪鳥沢)
  

上図の近接写真。
Xanthoria elegans
(LINK) TH.FR.
  
All Rights Reserved, Copyright (c) 2015, National Institute of Polar Research
形状・大きさ等の説明。
分類学的な説明。
生態(生育環境)の説明。
南極大陸での生息地域の説明。