Lichens

南極昭和基地周辺の地衣類
南極昭和基地周辺の地衣類国立極地研究所関連データベース生物圏研究グループ極地植物多様性画像データ日本語 / 英語

○ 学 名


Acarospora williamsii
Buellia frigida
Buellia pycnogonoides
Buellia subfrigida
Caloplaca athallina
Caloplaca citrina
Candelaria murrayi
Candelariella flava
Carbonea capsulata
Lecanora expectans
Lecanora physciella var.
Lecidea andersonii
Lecidea cancriformis
Lecidella siplei
Physcia caesia
Pleopsidium chlorophanum
Pseudephebe minuscula
Pseudephebe pubescens
Rhizocarpon adarense
Rhizocarpon flavum
Rhizoplaca melanophthalma
Rinodina olivaceobrunnea
Umbilicaria aprina
Umbilicaria decussata
Usnea sphacelata

○ 和 名


クロヒゲゴケ

Usnea sphacelata

学 名

Usnea sphacelata R.BR., Chloris melvilliana, 49, 1823.

和 名

クロヒゲゴケ

生 態

昭和基地周辺の大形地衣類を代表する種のひとつで、海氷上を通過するブリザードによってもたらされる海塩(風送塩)の影響を受けない露岩奥域などの母岩、転石上に生育する(Inoue 1991b, 1995)。大陸氷上を下降するカタバ風(斜面下降風)の強い影響を受けているオングル諸島対岸の向岩で、本種が海岸近くでも大きな群落を形成していて興味深い。


クロヒゲゴケUsnea sphacelata の生育地。雪に遅くまで被われていた部位にクロヒゲゴケ(暗黄緑色)が、上部にネナシイワタケUmbilicaria decussata(黒色)がすみ分けている。〔ラングホブデ、雪鳥沢)
  

上図の近接写真。巻尺の位置でわかるように、両種の移行部。
  

ナンキョクイワタケUmbilicaria aprinaとも混生する。
Usnea sphacelata R.BR.
  
All Rights Reserved, Copyright (c) 2015, National Institute of Polar Research
形状・大きさ等の説明。
分類学的な説明。
生態(生育環境)の説明。
南極大陸での生息地域の説明。