Lichens

南極昭和基地周辺の地衣類
南極昭和基地周辺の地衣類国立極地研究所関連データベース生物圏研究グループ極地植物多様性画像データ日本語 / 英語

○ 学 名


Acarospora williamsii
Buellia frigida
Buellia pycnogonoides
Buellia subfrigida
Caloplaca athallina
Caloplaca citrina
Candelaria murrayi
Candelariella flava
Carbonea capsulata
Lecanora expectans
Lecanora physciella var.
Lecidea andersonii
Lecidea cancriformis
Lecidella siplei
Physcia caesia
Pleopsidium chlorophanum
Pseudephebe minuscula
Pseudephebe pubescens
Rhizocarpon adarense
Rhizocarpon flavum
Rhizoplaca melanophthalma
Rinodina olivaceobrunnea
Umbilicaria aprina
Umbilicaria decussata
Usnea sphacelata

○ 和 名


クロヒゲゴケ

Usnea sphacelata

学 名

Usnea sphacelata R.BR., Chloris melvilliana, 49, 1823.

和 名

クロヒゲゴケ

記 載

地衣体は樹枝状、分枝し、長さ4cm、まれに6〜8cmに達する。茎端に紛芽塊soraliaを形成する。子器は知られていない。地衣体断面は円柱状、菌糸組織が密な中軸部は細く、断面の1/5〜1/3程度でそれを囲む髄層はクモの巣状の緩く交錯する菌糸組織からなる。岩石上に立ち上がって叢生し、時に大きな群落をなす。日差しの強い立地環境では暗色の色素が沈積して地衣体全体が黒味がかった暗黄緑色を呈する。しかし、岩陰など日差しの弱い場所では地衣成分として含有するウスニン酸由来の黄緑色を呈する。

Usnea sphacelata R.BR.
標本写真。日本のサルオガセUsneaの仲間は木の幹や枝に垂れ下がるが、クロヒゲゴケなど南極のものは岩石上に立ち上がって叢生する。
 
All Rights Reserved, Copyright (c) 2015, National Institute of Polar Research
形状・大きさ等の説明。
分類学的な説明。
生態(生育環境)の説明。
南極大陸での生息地域の説明。