Lichens

南極昭和基地周辺の地衣類
南極昭和基地周辺の地衣類国立極地研究所関連データベース生物圏研究グループ極地植物多様性画像データ日本語 / 英語

○ 学 名


Acarospora williamsii
Buellia frigida
Buellia pycnogonoides
Buellia subfrigida
Caloplaca athallina
Caloplaca citrina
Candelaria murrayi
Candelariella flava
Carbonea capsulata
Lecanora expectans
Lecanora physciella var.
Lecidea andersonii
Lecidea cancriformis
Lecidella siplei
Physcia caesia
Pleopsidium chlorophanum
Pseudephebe minuscula
Pseudephebe pubescens
Rhizocarpon adarense
Rhizocarpon flavum
Rhizoplaca melanophthalma
Rinodina olivaceobrunnea
Umbilicaria aprina
Umbilicaria decussata
Usnea sphacelata

○ 和 名


クロヒゲゴケ

Usnea sphacelata

学 名

Usnea sphacelata R.BR., Chloris melvilliana, 49, 1823.

和 名

クロヒゲゴケ

分 類

本種はBROWN(1823)によって北極圏カナダに位置するメルビル島(パリー諸島)から報告され、その後グリーンランド、アイスランド、ノバヤゼムリャを始めほぼ周北極の各地でその分布が知られている(WALKER 1985)。北米や南米、ニュージーランドの高山帯にも分布している。南極圏でも南極半島を含む大陸各地に広く分布する。本種を含むNeuropogon 亜属のモノグラフを著したWALKER(1985)はこの亜属で知られる唯一の両極分布種であると述べている。地衣成分も形態も類似するUsnea antarctica DU RIETZは密な菌糸組織で構成される中軸が地衣体断面の大半を占めている点で容易に区別できる。

Usnea sphacelata R.BR. 
 
All Rights Reserved, Copyright (c) 2015, National Institute of Polar Research
形状・大きさ等の説明。
分類学的な説明。
生態(生育環境)の説明。
南極大陸での生息地域の説明。