Lichens

南極昭和基地周辺の地衣類
南極昭和基地周辺の地衣類国立極地研究所関連データベース生物圏研究グループ極地植物多様性画像データ日本語 / 英語

○ 学 名


Acarospora williamsii
Buellia frigida
Buellia pycnogonoides
Buellia subfrigida
Caloplaca athallina
Caloplaca citrina
Candelaria murrayi
Candelariella flava
Carbonea capsulata
Lecanora expectans
Lecanora physciella var.
Lecidea andersonii
Lecidea cancriformis
Lecidella siplei
Physcia caesia
Pleopsidium chlorophanum
Pseudephebe minuscula
Pseudephebe pubescens
Rhizocarpon adarense
Rhizocarpon flavum
Rhizoplaca melanophthalma
Rinodina olivaceobrunnea
Umbilicaria aprina
Umbilicaria decussata

○ 和 名


ネナシイワタケ

Umbilicaria decussata

学 名

Umbilicaria decussata (VILL.) ZAHLBR., Cat. Lich. Univ. VIII, 490, 1932.

和 名

ネナシイワタケ

分 類

本種は世界の高山・極域に広く分布する種類で、亜南極・大陸各地でも広く知られている。昭和基地周辺で本種と同様に多産するナンキョクイワタケUmbilicaria aprina NYL.とは、U. aprinaが地衣成分としてジロフォール酸を含有し、地衣体腹面に1〜2回叉状に分枝する仮根を形成する点で容易に区別される。地衣体背面が網目状を呈せず平滑な標本が何点か採集されているが、その所属については大方の見解に従って本種に加えた。昭和基地周辺ではネナシイワタケU. decussata では有子器の標本が見つかっていないため、結論を先送りにした。

Umbilicaria decussata
(VILL.) ZAHLBR.
 
 
All Rights Reserved, Copyright (c) 2015, National Institute of Polar Research
形状・大きさ等の説明。
分類学的な説明。
生態(生育環境)の説明。
南極大陸での生息地域の説明。