Lichens

南極昭和基地周辺の地衣類
南極昭和基地周辺の地衣類国立極地研究所関連データベース生物圏研究グループ極地植物多様性画像データ日本語 / 英語

○ 学 名


Acarospora williamsii
Buellia frigida
Buellia pycnogonoides
Buellia subfrigida
Caloplaca athallina
Caloplaca citrina
Candelaria murrayi
Candelariella flava
Carbonea capsulata
Lecanora expectans
Lecanora physciella var.
Lecidea andersonii
Lecidea cancriformis
Lecidella siplei
Physcia caesia
Pleopsidium chlorophanum
Pseudephebe minuscula
Pseudephebe pubescens
Rhizocarpon adarense
Rhizocarpon flavum
Rhizoplaca melanophthalma
Rinodina olivaceobrunnea
Umbilicaria aprina

○ 和 名


ナンキョクイワタケ

Umbilicaria aprina

学 名

Umbilicaria aprina NYL., Syn.Lich. 2: 12, 1863.

和 名

ナンキョクイワタケ

記 載

地衣体は葉状、単葉性、しばしば中央部で複葉性、円形または楕円形で径4〜6cm,水際など湿性の立地では11〜14cmに達する。地衣体背面は灰褐色から褐色、白紛を被り、細かな亀裂やしわが形成される。地衣体腹面は黒褐色、1〜2回叉状に分枝する仮根があり、葉体中央で繊維状の菌糸がかたく癒合した組織、臍状体umbilicusで岩石表面に着生している。子器は知られていない。地衣成分はジロフォール酸。

Umbilicaria aprina NYL.
標本写真。このような大径の地衣体は稀、ルンドボークスヘッタの大陸氷縁の大量に融雪水が流れる水路周辺で得られた。
 
All Rights Reserved, Copyright (c) 2015, National Institute of Polar Research
形状・大きさ等の説明。
分類学的な説明。
生態(生育環境)の説明。
南極大陸での生息地域の説明。