Lichens

南極昭和基地周辺の地衣類
南極昭和基地周辺の地衣類国立極地研究所関連データベース生物圏研究グループ極地植物多様性画像データ日本語 / 英語

○ 学 名


Acarospora williamsii
Buellia frigida
Buellia pycnogonoides
Buellia subfrigida
Caloplaca athallina
Caloplaca citrina
Candelaria murrayi
Candelariella flava
Carbonea capsulata
Lecanora expectans
Lecanora physciella var.
Lecidea andersonii
Lecidea cancriformis
Lecidella siplei
Physcia caesia
Pleopsidium chlorophanum
Pseudephebe minuscula
Pseudephebe pubescens
Rhizocarpon adarense
Rhizocarpon flavum
Rhizoplaca melanophthalma
Rinodina olivaceobrunnea
Umbilicaria aprina

○ 和 名


ナンキョクイワタケ

Umbilicaria aprina

学 名

Umbilicaria aprina NYL., Syn.Lich. 2: 12, 1863.

和 名

ナンキョクイワタケ

分 布

両半球の高山・極域に広く分布する。赤道周辺の高山における興味ある分布はCRESPO & SANCHO (1982)が詳しい。昭和基地周辺地域においても過湿な立地、乾燥した立地に広く分布している。
(分布域)北欧、スペイン・グラナダ、チロル、東アフリカの高山帯、北米、ハワイ(マウナケア山頂部)、南米(ペルー)
南極地域:クイーンモードランド、エンダービーランド、マック・ロバートソンランド、プリンセス・エリザベスランド、ウイルクスランド、ビクトリアランド、マリーバードランド
昭和基地周辺:日の出岬、オメガ岬、三つ岩、向岩、西オングル、ラングホブデ、ハムネナッベン、ブライボークニーパ、スカルブスネス、スカーレン、スカレビークハルセン、ルンドボークスヘッタ、パッダ〔島〕

Umbilicaria aprina NYL.
 
 
 
All Rights Reserved, Copyright (c) 2015, National Institute of Polar Research
形状・大きさ等の説明。
分類学的な説明。
生態(生育環境)の説明。
南極大陸での生息地域の説明。