Lichens

南極昭和基地周辺の地衣類
南極昭和基地周辺の地衣類国立極地研究所関連データベース生物圏研究グループ極地植物多様性画像データ日本語 / 英語

○ 学 名


Acarospora williamsii
Buellia frigida
Buellia pycnogonoides
Buellia subfrigida
Caloplaca athallina
Caloplaca citrina
Candelaria murrayi
Candelariella flava
Carbonea capsulata
Lecanora expectans
Lecanora physciella var.
Lecidea andersonii
Lecidea cancriformis
Lecidella siplei
Physcia caesia
Pleopsidium chlorophanum
Pseudephebe minuscula
Pseudephebe pubescens
Rhizocarpon adarense
Rhizocarpon flavum
Rhizoplaca melanophthalma
Rinodina olivaceobrunnea

○ 和 名


キョクチノビスケットゴケ

Rinodina olivaceobrunnea

学 名

Rinodina olivaceobrunnea C.W. DODGE & G.E. BAKER, Ann. Mo. Bot. Gard., 25: 659, 1938.

和 名

キョクチノビスケットゴケ

分 類

本種はDODGE & BAKER(1938)によって西南極マリーバードランドに位置するフォード山脈から報告されて以来、南極各地に分布していることが知られるようになった。北極圏のスバールバル諸島からも一度報告されているため、両極分布種ということになるが植生調査によるもので再確認の必要があるとされている (ELVEBAKK & HERTEL 1997) 。昭和基地周辺ではビスケットゴケ属の種類は他に数種採集されているが、本種は蘚類上に生育し、薄い地衣体、薄い隔壁で2分室する胞子を特徴とする。

 
Rinodina olivaceobrunnea
C.W. DODGE & G.E. BAKER
  
All Rights Reserved, Copyright (c) 2015, National Institute of Polar Research
形状・大きさ等の説明。
分類学的な説明。
生態(生育環境)の説明。
南極大陸での生息地域の説明。