Lichens

南極昭和基地周辺の地衣類
南極昭和基地周辺の地衣類国立極地研究所関連データベース生物圏研究グループ極地植物多様性画像データ日本語 / 英語

○ 学 名


Acarospora williamsii
Buellia frigida
Buellia pycnogonoides
Buellia subfrigida
Caloplaca athallina
Caloplaca citrina
Candelaria murrayi
Candelariella flava
Carbonea capsulata
Lecanora expectans
Lecanora physciella var.
Lecidea andersonii
Lecidea cancriformis
Lecidella siplei
Physcia caesia
Pleopsidium chlorophanum
Pseudephebe minuscula
Pseudephebe pubescens
Rhizocarpon adarense
Rhizocarpon flavum
Rhizoplaca melanophthalma

○ 和 名


ナナバケチャシブゴケ

Rhizoplaca melanophthalma

学 名

Rhizoplaca melanophthalma (RAMOND) LEUCKERT & POELT, Nova Hedwigia, 28, 72, 1977.

和 名

ナナバケチャシブゴケ

生 態

昭和基地周辺地域では主に地衣類相の豊富な大陸氷縁の露岩域や西オングル島の岩石上や蘚類の植物体上に生育している。大陸氷に接する露岩斜面最上部から海岸部まで 、また、風化剥離の著しい母岩石上や地表面の不安定な転石、そして海鳥の集団営巣地周辺の富栄養の立地にも分布している。ミイラ化して西オングル島南端域の海岸近くに横たわっていたウエッデルアザラシの体皮上でもコケノウエノチャシブゴケLecanora expectansとともにその生育が確認された。ナンキョクスミイボゴケBuellia frigida等と同様に生態的適応域ecological amplitudeの広い種類と思われる。


ミイラ化したアザラシの体皮上の地衣類群落。蘚類はみられない。(西オングル島)
  

下の写真の拡大図。
  

2つ上の写真の標本写真。ナナバケチャシブゴケは矢印の部分。
Rhizoplaca melanophthalma
(RAMOND) LEUCKERT & POELT
  
All Rights Reserved, Copyright (c) 2015, National Institute of Polar Research
形状・大きさ等の説明。
分類学的な説明。
生態(生育環境)の説明。
南極大陸での生息地域の説明。