Lichens

南極昭和基地周辺の地衣類
南極昭和基地周辺の地衣類国立極地研究所関連データベース生物圏研究グループ極地植物多様性画像データ日本語 / 英語

○ 学 名


Acarospora williamsii
Buellia frigida
Buellia pycnogonoides
Buellia subfrigida
Caloplaca athallina
Caloplaca citrina
Candelaria murrayi
Candelariella flava
Carbonea capsulata
Lecanora expectans
Lecanora physciella var.
Lecidea andersonii
Lecidea cancriformis
Lecidella siplei
Physcia caesia
Pleopsidium chlorophanum
Pseudephebe minuscula
Pseudephebe pubescens
Rhizocarpon adarense
Rhizocarpon flavum
Rhizoplaca melanophthalma

○ 和 名


ナナバケチャシブゴケ

Rhizoplaca melanophthalma

学 名

Rhizoplaca melanophthalma (RAMOND) LEUCKERT & POELT, Nova Hedwigia, 28, 72, 1977.

和 名

ナナバケチャシブゴケ

記 載

地衣体thallusは変異に富み、淡黄色から黄色、黄褐色、基本的には鱗片状squamulose、厚手で良く発達して一見不規則に亀裂して亀甲状の小区画areolaを形成しているようにもみえる場合がある。下生菌糸hypothallusは不明瞭。子器apotheciaは変異に富み、地衣体に埋没して子器盤discが地衣体と同一平面にあるものから(Aspiciliaタイプ)、地衣体が子器とともに膨れ上がり、子器と一体となって子器托thalloid excipulumのようになり、レカノラ型の子器に見えるものまで様々ある。子器盤discも黄色、黄土色、暗褐色、黒褐色と様々変化し、径は通常1 mm前後、大きいもので3〜4mmに達するものもある。子嚢上層epitheciumは淡褐色。子嚢層hymeniumの厚さ(40)50〜60(80) μm。亜子嚢層subhymeniumと下子嚢層hypotheciumの区分は不明瞭、厚さ50〜70 μm。胞子は楕円形、単室無色、11〜17 × 4〜8 μm。地衣成分lichen substanceはウスニン酸とゼオリン。

Rhizoplaca melanophthalma
(RAMOND) LEUCKERT & POELT

標本写真。この標本は地衣体、子器とも比較的発達した本種の典型的なタイプのものであるが、地衣体が固着状で薄いもの、子器外観が一見レキデア型を呈するものから、著しく大径で顕著なレカノラ型の子器をおもわせるものまで様々で“ナナバケ”の名辞を冠した。
 
All Rights Reserved, Copyright (c) 2015, National Institute of Polar Research
形状・大きさ等の説明。
分類学的な説明。
生態(生育環境)の説明。
南極大陸での生息地域の説明。