Lichens

南極昭和基地周辺の地衣類
南極昭和基地周辺の地衣類国立極地研究所関連データベース生物圏研究グループ極地植物多様性画像データ日本語 / 英語

○ 学 名


Acarospora williamsii
Buellia frigida
Buellia pycnogonoides
Buellia subfrigida
Caloplaca athallina
Caloplaca citrina
Candelaria murrayi
Candelariella flava
Carbonea capsulata
Lecanora expectans
Lecanora physciella var.
Lecidea andersonii
Lecidea cancriformis
Lecidella siplei
Physcia caesia
Pleopsidium chlorophanum
Pseudephebe minuscula
Pseudephebe pubescens
Rhizocarpon adarense
Rhizocarpon flavum
Rhizoplaca melanophthalma

○ 和 名


ナナバケチャシブゴケ

Rhizoplaca melanophthalma

学 名

Rhizoplaca melanophthalma (RAMOND) LEUCKERT & POELT, Nova Hedwigia, 28, 72, 1977.

和 名

ナナバケチャシブゴケ

分 類

本種は多くの研究者 (LEUCKERT ET AL. 1976; SEPPELT ET AL. 1995; CASTELLO 2003) が述べているように、地衣体、子器、胞子、地衣成分とも非常に変異に富む両極分布種で、両半球の高山帯にも広く分布している。ウスニン酸とゼオリンを地衣成分とし、黄色の鱗片状の地衣体、子器はその地衣体に埋没してAspicilia様の黒色の子器盤を有するものが本種の典型である。いずれにしても生育環境、地衣成分の異同等を含めて分類学的な検討を要する地衣類である。


 
Rhizoplaca melanophthalma
(RAMOND) LEUCKERT & POELT
  
All Rights Reserved, Copyright (c) 2015, National Institute of Polar Research
形状・大きさ等の説明。
分類学的な説明。
生態(生育環境)の説明。
南極大陸での生息地域の説明。