Lichens

南極昭和基地周辺の地衣類
南極昭和基地周辺の地衣類国立極地研究所関連データベース生物圏研究グループ極地植物多様性画像データ日本語 / 英語

○ 学 名


Acarospora williamsii
Buellia frigida
Buellia pycnogonoides
Buellia subfrigida
Caloplaca athallina
Caloplaca citrina
Candelaria murrayi
Candelariella flava
Carbonea capsulata
Lecanora expectans
Lecanora physciella var.
Lecidea andersonii
Lecidea cancriformis
Lecidella siplei
Physcia caesia
Pleopsidium chlorophanum
Pseudephebe minuscula
Pseudephebe pubescens
Rhizocarpon adarense
Rhizocarpon flavum

○ 和 名


ナンキョクチズゴケ

Rhizocarpon flavum

学 名

Rhizocarpon flavum C.W. DODGE & G.E. BAKER, Ann. Mo. Bot. Gard., 25, 552, 1938.

和 名

ナンキョクチズゴケ

生 態

昭和基地周辺地域の露岩に広く分布するが、ほとんど大陸氷縁の露岩に限られている。時に、ドリフト或いは大陸氷の下部斜面の、夏期に水に浸る立地の岩石上に生育している。母岩上であれば、水路の底部にミズギワノスミイボゴケBuellia subfrigida 、縁部にナンキョクチズゴケRhizocarpon flavum 或いはナンキョクイワタケUmbilicaria aprina という群落配列になり、水に浸る小石表面であれば下部から順にBuellia subfrigidaRhizocarpon flavumUmbilicaria aprinaというような配列がみられる。


ナンキョクチズゴケRhizocarpon flavum はこのような水辺環境を特異的に好むわけではないが、しばしば氷舌直近の水湿地で大きな群落を形成している。(ラングホブデ、八つ手沢最奥部)
  

上図に類似する環境のナンキョクチズゴケ群落。水に浸る部位にはミズギワノスミイボゴケBuellia subfrigida(灰色の地衣体)がみられる。(ラングホブデ、雪鳥沢最奥部)
Rhizocarpon flavum
C.W. DODGE & G.E. BAKER
  
All Rights Reserved, Copyright (c) 2015, National Institute of Polar Research
形状・大きさ等の説明。
分類学的な説明。
生態(生育環境)の説明。
南極大陸での生息地域の説明。