Lichens

南極昭和基地周辺の地衣類
南極昭和基地周辺の地衣類国立極地研究所関連データベース生物圏研究グループ極地植物多様性画像データ日本語 / 英語

○ 学 名


Acarospora williamsii
Buellia frigida
Buellia pycnogonoides
Buellia subfrigida
Caloplaca athallina
Caloplaca citrina
Candelaria murrayi
Candelariella flava
Carbonea capsulata
Lecanora expectans
Lecanora physciella var.
Lecidea andersonii
Lecidea cancriformis
Lecidella siplei
Physcia caesia
Pleopsidium chlorophanum
Pseudephebe minuscula
Pseudephebe pubescens
Rhizocarpon adarense
Rhizocarpon flavum

○ 和 名


ナンキョクチズゴケ

Rhizocarpon flavum

学 名

Rhizocarpon flavum C.W. DODGE & G.E. BAKER, Ann. Mo. Bot. Gard., 25, 552, 1938.

和 名

ナンキョクチズゴケ

分 類

本種はDODGE & BAKER (1938)によってマリー・バードランドから最初に報告された南極地域に広く分布する南極固有種である。世界中に広く分布するRhizocarpon geographicum (L.) DC.と同一種であるという意見もあるが(ØVSTEDAL & SMITH 2001; CASTELLO 2003), Rhizocarpon geographicumは多数の亜種、変種、品種が報告されているように変異が非常に著しく、適切な分類学的処置がなされていない。加えて昭和基地周辺地域産の標本の胞子は小形で、その分室数は少なく、また変異の幅も狭いのでRhizocarpon flavumの名前を残しておくことにする。


写真1:Rhizocarpon flavum C.W. DODGE & G.E. BAKER
胞子

 
 

写真2a:Rhizocarpon flavum C.W. DODGE & G.E. BAKER
地衣体(黄緑色)と子器(黒色)

 
 

写真2b:Rhizocarpon flavum C.W. DODGE & G.E. BAKER
写真2aの走査型電子顕微鏡写真。ナンキョクミズギワノチズゴケと異なり、 子器(中央部)は地衣体小区画間に座している。

 
 
All Rights Reserved, Copyright (c) 2015, National Institute of Polar Research
形状・大きさ等の説明。
分類学的な説明。
生態(生育環境)の説明。
南極大陸での生息地域の説明。