Lichens

南極昭和基地周辺の地衣類
南極昭和基地周辺の地衣類国立極地研究所関連データベース生物圏研究グループ極地植物多様性画像データ日本語 / 英語

○ 学 名


Acarospora williamsii
Buellia frigida
Buellia pycnogonoides
Buellia subfrigida
Caloplaca athallina
Caloplaca citrina
Candelaria murrayi
Candelariella flava
Carbonea capsulata
Lecanora expectans
Lecanora physciella var.
Lecidea andersonii
Lecidea cancriformis
Lecidella siplei
Physcia caesia
Pleopsidium chlorophanum
Pseudephebe minuscula
Pseudephebe pubescens
Rhizocarpon adarense

○ 和 名


ナンキョクミズギワノチズコケ

Rhizocarpon adarense

学 名

Rhizocarpon adarense (DARB.) M.LAMB, Lilloa 14: 221 (1948). ---- Buellia adarensis DARB. in British Antarctic "Terra Nova" Expedition, 1910. Natural History Report, Botany 3: 35 , 1923.

和 名

ナンキョクミズギワノチズゴケ

生 態

昭和基地周辺では大陸氷床縁に接した露岩部の、大陸氷に隣接して夏期に水に浸る立地の岩石上に分布している。このような環境の、母岩や母岩表面の凹地に堆積した大小の岩石上に生育している。同じ環境を好むミズギワノスミイボゴケと混成する場合が多いが、タカネケゴケモドキPseudephebe minusculaとの共存もみられる。


写真1:生育地は画面右端の大陸氷斜面に細長く伸びた母岩表面。(スカルブスネス北東端、1986年10月29日)
  





写真2:斜面上部から“水路”に沿って流れる水の影響を受けていることが容易に推察される本種の大規模な群落。(ブライボーグニーパ、1986年10月18日)
  





写真3:斜面上部から“水路”に沿って流れる水の影響を受けていることが容易に推察される本種の大規模な群落。(ブライボーグニーパ、1986年10月18日)
  
All Rights Reserved, Copyright (c) 2015, National Institute of Polar Research
形状・大きさ等の説明。
分類学的な説明。
生態(生育環境)の説明。
南極大陸での生息地域の説明。