Lichens

南極昭和基地周辺の地衣類
南極昭和基地周辺の地衣類国立極地研究所関連データベース生物圏研究グループ極地植物多様性画像データ日本語 / 英語

○ 学 名


Acarospora williamsii
Buellia frigida
Buellia pycnogonoides
Buellia subfrigida
Caloplaca athallina
Caloplaca citrina
Candelaria murrayi
Candelariella flava
Carbonea capsulata
Lecanora expectans
Lecanora physciella var.
Lecidea andersonii
Lecidea cancriformis
Lecidella siplei
Physcia caesia
Pleopsidium chlorophanum
Pseudephebe minuscula
Pseudephebe pubescens
Rhizocarpon adarense

○ 和 名


ナンキョクミズギワノチズコケ

Rhizocarpon adarense

学 名

Rhizocarpon adarense (DARB.) M.LAMB, Lilloa 14: 221 (1948). ---- Buellia adarensis DARB. in British Antarctic "Terra Nova" Expedition, 1910. Natural History Report, Botany 3: 35 , 1923.

和 名

ナンキョクミズギワノチズゴケ

記 載

地衣体thallusは固着crustose、黄色からレモン黄色、岩石生epilithicで不規則に広がり、黒色の下生菌糸hypothallus上に密集或は散生する幾分膨れた小区画areolaからなる。地衣体髄層medullaはヨード液に反応しない (I-)。子器apotheciaはレキデア型、黒色、円盤状、径0.6〜0.8(1)mm、小区画の間あるいは地衣体上に座し、その基部は成熟すると狭まる。子器縁marginは顕著で、宿存するが、時に不明瞭。子器盤discは凹状、時に凸状になる。果殻excipulumは厚さ20〜40µm、褐色で周縁に向かうに従って紫色が加わる。子嚢上層epitheciumは暗紫褐色、KOH溶液で赤紫色に変色する。子嚢層hymeniumは厚さ60〜80µm。亜子嚢層subhymeniumは無色から淡褐色、厚さ20〜30µm。下子嚢層hypotheciumは暗褐色。子嚢ascusはこん棒状、50〜60×10〜12µm、8個の胞子sporeをつくる。胞子は楕円形、薄膜、2室、13〜18×6〜9µm、最初無色、直ぐに褐色化する。ゼラチン状の物質haloが胞子の周りを取り巻く。地衣成分lichen substanceとしてリゾカルプ酸を含む。


標本写真。黒色の下生菌糸とレキデア型の円盤状の子器が顕著。一目盛りは0.5mm。
Rhizocarpon adarense (DARB.) M.LAMB
 
All Rights Reserved, Copyright (c) 2015, National Institute of Polar Research
形状・大きさ等の説明。
分類学的な説明。
生態(生育環境)の説明。
南極大陸での生息地域の説明。