Lichens

南極昭和基地周辺の地衣類
南極昭和基地周辺の地衣類国立極地研究所関連データベース生物圏研究グループ極地植物多様性画像データ日本語 / 英語

○ 学 名


Acarospora williamsii
Buellia frigida
Buellia pycnogonoides
Buellia subfrigida
Caloplaca athallina
Caloplaca citrina
Candelaria murrayi
Candelariella flava
Carbonea capsulata
Lecanora expectans
Lecanora physciella var.
Lecidea andersonii
Lecidea cancriformis
Lecidella siplei
Physcia caesia
Pleopsidium chlorophanum
Pseudephebe minuscula
Pseudephebe pubescens
Rhizocarpon adarense

○ 和 名


ナンキョクミズギワノチズコケ

Rhizocarpon adarense

学 名

Rhizocarpon adarense (DARB.) M.LAMB, Lilloa 14: 221 (1948). ---- Buellia adarensis DARB. in British Antarctic "Terra Nova" Expedition, 1910. Natural History Report, Botany 3: 35 , 1923.

和 名

ナンキョクミズギワノチズゴケ

分 類

本種はDARBISHIRE(1910) が、ロス海に面した北ビクトリアランドのアデア岬(Cape Adare)から得られた採集品に基づいてBuelliaスミイボゴケ属の一種として新種記載され、後にLAMB(1948)によってチズゴケ属Rhizocarponに移されている。側糸paraphysisが網状分枝して、胞子がゼラチン状の物質haloに取り囲まれ、チズゴケ属の多くの種類にみられる地衣成分lichen substanceであるリゾカルプ酸を含む点で、チズゴケ属への移動は妥当と思われる。本種の産地報告例は少ないが、南極固有種である(DARBISHIRE 1923; ØVSTEDAL 1986; ØVSTEDAL & SMITH 2001)。外観は昭和基地周辺域に広く分布するナンキョクチズゴケRhizocarpon flavumに似ているが、この種類の地衣体髄層にヨード反応があり(I+ 青紫色)、子器は地衣体内にやや埋没するか、小区画間に座し、石垣状多室muriformの胞子をつけて、リゾカルプ酸のほかにプソローム酸(+/-)を含む点で容易に区別できる。


a は走査型電子顕微鏡写真。ナンキョクチズゴケと異なり、顕著な子器縁を有する円盤状の子器が小区画の間、あるいは地衣体上に座している。
Rhizocarpon adarense (DARB.) M.LAMB
 
All Rights Reserved, Copyright (c) 2015, National Institute of Polar Research
形状・大きさ等の説明。
分類学的な説明。
生態(生育環境)の説明。
南極大陸での生息地域の説明。