Lichens

南極昭和基地周辺の地衣類
南極昭和基地周辺の地衣類国立極地研究所関連データベース生物圏研究グループ極地植物多様性画像データ日本語 / 英語

○ 学 名


Acarospora williamsii
Buellia frigida
Buellia pycnogonoides
Buellia subfrigida
Caloplaca athallina
Caloplaca citrina
Candelaria murrayi
Candelariella flava
Carbonea capsulata
Lecanora expectans
Lecanora physciella var.
Lecidea andersonii
Lecidea cancriformis
Lecidella siplei
Physcia caesia
Pleopsidium chlorophanum
Pseudephebe minuscula
Pseudephebe pubescens
Rhizocarpon adarense

○ 和 名


ナンキョクミズギワノチズコケ

Rhizocarpon adarense

学 名

Rhizocarpon adarense (DARB.) M.LAMB, Lilloa 14: 221 (1948). ---- Buellia adarensis DARB. in British Antarctic "Terra Nova" Expedition, 1910. Natural History Report, Botany 3: 35 , 1923.

和 名

ナンキョクミズギワノチズゴケ

分 布

大陸性南極(南極大陸)でのみ知られている南極固有種、既知の産地は限られている。昭和基地周辺でも大陸氷縁の露岩域に分布しているが、島嶼部では確認されておらず、広く分布する同属のナンキョクチズゴケRhizocarpon flavumに比べて既知の産地は少ない。外観がナンキョクチズゴケと酷似しているのでこれと混同されている可能性も考えられる。

(分布域)南極半島、クイーンモードランド、エンダービーランド、ビクトリアランド、マりー・バードランド
昭和基地周辺:オメガ岬、ラングホブデ、ブライボークニーパ、スカルブスネス、スカレビークハルセン、セルンゲン(シール岩)

Rhizocarpon adarense (DARB.) M.LAMB
 
 
 
All Rights Reserved, Copyright (c) 2015, National Institute of Polar Research
形状・大きさ等の説明。
分類学的な説明。
生態(生育環境)の説明。
南極大陸での生息地域の説明。