Lichens

南極昭和基地周辺の地衣類
南極昭和基地周辺の地衣類国立極地研究所関連データベース生物圏研究グループ極地植物多様性画像データ日本語 / 英語

○ 学 名


Acarospora williamsii
Buellia frigida
Buellia pycnogonoides
Buellia subfrigida
Caloplaca athallina
Caloplaca citrina
Candelaria murrayi
Candelariella flava
Carbonea capsulata
Lecanora expectans
Lecanora physciella var.
Lecidea andersonii
Lecidea cancriformis
Lecidella siplei
Physcia caesia
Pleopsidium chlorophanum
Pseudephebe minuscula
Pseudephebe pubescens

○ 和 名


タカネケゴケ

Pseudephebe pubescens

学 名

Pseudephebe pubescens (L.) M.CHOISY, Icon. Lich. Univ. ser. II, fasc 1, 1930.

和 名

タカネケゴケ

分 布

本種は両極、北半球の高緯度地方をはじめ、日本を含む世界各地の高山に分布している。VAINIO(1903)が南極半島からその所産を報告して以来、海洋性南極から大陸性南極に広く分布することが知られている。昭和基地周辺では、大陸氷床縁の露岩域に分布し、島嶼部では確認されていない。また、南極地域、昭和基地周辺とも近縁のタカネケゴケモドキPseudephebe minusculaに比べて産地報告例は少ない。日本の「あすか基地」近くに位置するセルンゲン(シール岩)にはタカネケゴケモドキが顕著に繁茂しているが精査したところ、本種の混在は認められなかった。

(分布域)エレファント島、サウスシェットランド諸島、南極半島、エンダービーランド、ウイルクスランド、ビクトリアランド
昭和基地周辺:向岩、ラングホブデ、スカルブスネス、スカーレン、スカレビークハルセン、ルンドボークスヘッタ

Pseudephebe pubescens (L.) M.CHOISY
 
 
All Rights Reserved, Copyright (c) 2015, National Institute of Polar Research
形状・大きさ等の説明。
分類学的な説明。
生態(生育環境)の説明。
南極大陸での生息地域の説明。