Lichens

南極昭和基地周辺の地衣類
南極昭和基地周辺の地衣類国立極地研究所関連データベース生物圏研究グループ極地植物多様性画像データ日本語 / 英語

○ 学 名


Acarospora williamsii
Buellia frigida
Buellia pycnogonoides
Buellia subfrigida
Caloplaca athallina
Caloplaca citrina
Candelaria murrayi
Candelariella flava
Carbonea capsulata
Lecanora expectans
Lecanora physciella var.
Lecidea andersonii
Lecidea cancriformis
Lecidella siplei
Physcia caesia
Pleopsidium chlorophanum
Pseudephebe minuscula

○ 和 名


タカネケゴケモドキ

Pseudephebe minuscula

学 名

Pseudephebe minuscula (NYL. ex ARNOLD) BRODO & D. HAWKSW., Opera Bot., 42, 140, 1977.

和 名

タカネケゴケモドキ

記 載

地衣体thallusは樹枝状、暗褐色から黒褐色で光沢あり、背腹性があり、基部より著しく分枝して岩石上に平臥する。各分枝は幾分扁平で、紛芽sorediaや裂芽isidiaを欠き、しばしば数cmのほぼ円形のコロニーを形成する。昭和基地周辺では子器apotheciumをつける個体は知られていない。特殊な地衣成分lichen substanceを産生しない。

Pseudephebe minuscula
(NYL. ex ARNOLD) BRODO & D. HAWKSW.

標本写真。地衣体は樹枝状、背腹性があり、基部より著しく分枝して岩石上に平臥している。
 
Pseudephebe minuscula
(NYL. ex ARNOLD) BRODO & D. HAWKSW.

背腹性があり、岩石上に平臥している様態が明瞭な地衣体の一部分〔1目盛:0.5 mm)
 
All Rights Reserved, Copyright (c) 2015, National Institute of Polar Research
形状・大きさ等の説明。
分類学的な説明。
生態(生育環境)の説明。
南極大陸での生息地域の説明。