Lichens

南極昭和基地周辺の地衣類
南極昭和基地周辺の地衣類国立極地研究所関連データベース生物圏研究グループ極地植物多様性画像データ日本語 / 英語

○ 学 名


Acarospora williamsii
Buellia frigida
Buellia pycnogonoides
Buellia subfrigida
Caloplaca athallina
Caloplaca citrina
Candelaria murrayi
Candelariella flava
Carbonea capsulata
Lecanora expectans
Lecanora physciella var.
Lecidea andersonii
Lecidea cancriformis
Lecidella siplei
Physcia caesia

○ 和 名


コフキシロムカデゴケ

Physcia caesia

学 名

Physcia caesia (HOFFM.) FÜRNR., Nat. Topogr. Regenesburg 2: 250, 1839.

和 名

コフキシロムカデゴケ

記 載

地衣体 thallus は葉状、灰白色、岩石上や砂礫上、或いは蘚類の植物体上に径4 cm程に広がる。海鳥集団営巣地周辺の富栄養の立地では顕著で、大きな群落を形成する。地衣体裂片は不規則に分枝し、側部に半球状の紛芽塊 soralia をつける。地衣体腹面は淡褐色で仮根 rhizine を生じ、基物に着生する。子器 apothecia は稀。地衣成分としてアトラノリンとゼオリンを含む。

写真1
 
写真2
写真1〜2:葉状、灰白色の地衣体裂片は不規則に分枝し、側部に半球状の紛芽塊をつける。(1目盛:0.5 mm)
Physcia caesia (HOFFM.) FÜRNR.
All Rights Reserved, Copyright (c) 2015, National Institute of Polar Research
形状・大きさ等の説明。
分類学的な説明。
生態(生育環境)の説明。
南極大陸での生息地域の説明。