Lichens

南極昭和基地周辺の地衣類
南極昭和基地周辺の地衣類国立極地研究所関連データベース生物圏研究グループ極地植物多様性画像データ日本語 / 英語

○ 学 名


Acarospora williamsii
Buellia frigida
Buellia pycnogonoides
Buellia subfrigida
Caloplaca athallina
Caloplaca citrina
Candelaria murrayi
Candelariella flava
Carbonea capsulata
Lecanora expectans
Lecanora physciella var.
Lecidea andersonii

○ 和 名


ナンキョクヘリトリゴケ

Lecidea andersonii

学 名

Lecidea andersonii FILSON, Muelleria, 3, 16, 1974.

和 名

ナンキョクヘリトリゴケ

分 類

本種はFILSON (1974)によってウイルクスランドから新種として報告された南極固有種である。南極半島や大陸の数ヶ所から報告があるものの、その生育はあまり知られていない (INOUE 1991a; ØVSTEDAL & SMITH 2001; CASTELLO 2003)。よく発達した果殼excipulum、青緑色の子嚢上層epithecium、及び長さ10 μm前後の小形の胞子を有する点で、多くの種類を包含するLecidea auriculata群に属するが、ナンキョクヘリトリゴケの下子嚢層hypotheciumが無色、胞子の幅がこの群のものとしては「3〜4 (5) μm」と幾分広く、また地衣成分lichen substanceがコンフルエンチン酸とグロメリフェリン酸である点で他種と区別される。


 
Lecidea andersonii FILSON
  
All Rights Reserved, Copyright (c) 2015, National Institute of Polar Research
形状・大きさ等の説明。
分類学的な説明。
生態(生育環境)の説明。
南極大陸での生息地域の説明。