Lichens

南極昭和基地周辺の地衣類
南極昭和基地周辺の地衣類国立極地研究所関連データベース生物圏研究グループ極地植物多様性画像データ日本語 / 英語

○ 学 名


Acarospora williamsii
Buellia frigida
Buellia pycnogonoides
Buellia subfrigida
Caloplaca athallina
Caloplaca citrina
Candelaria murrayi
Candelariella flava
Carbonea capsulata
Lecanora expectans

○ 和 名


コケノウエノチャシブゴケ

Lecanora expectans

学 名

Lecanora expectans  DARB., Brit.Nat. Antarct. Exp. Nat. Hist., 5, Lich. 5,1910.

和 名

コケノウエノチャシブゴケ

記 載

主として良く発達した蘚類群落上に固着し、時に砂礫地表面で細粒の砂礫を固めるように生育している。また岩石上や、蘚類群落上に固着する他の地衣類や藍藻類のネンジュモ属Nostoc の植物体上にもみられる。地衣体thallusは白色から暗白色、薄膜状で非常に薄い。子器apotheciaは円盤状で叢って生じ、レカノラ型、黒色から暗褐色時に褐色の光沢ある子器盤discを有し、径 1 mm、稀に1.5 mmに達する、白色から灰白色で波曲する顕著な薄い子器托(果托)thalloid excipulumに縁どられる。子嚢上層epitheciumは暗緑色から深緑色。子嚢層hymeniumの厚さ60〜80 μm。亜子嚢層subhymeniumと下子嚢層hypotheciumは無色で、いずれも薄い。子嚢ascusはこん棒状、50〜60 × 20〜25 μm。胞子は楕円形、無色、12〜20 × 6〜9 μm。特殊な地衣成分lichen substanceを産生しない。

Lecanora expectans DARB. 
標本写真。蘚類群落上に固着し、黒色から暗褐色の子器盤を白色系で波曲する子器托に縁どられている子器が顕著。
 
All Rights Reserved, Copyright (c) 2015, National Institute of Polar Research
形状・大きさ等の説明。
分類学的な説明。
生態(生育環境)の説明。
南極大陸での生息地域の説明。