Lichens

南極昭和基地周辺の地衣類
南極昭和基地周辺の地衣類国立極地研究所関連データベース生物圏研究グループ極地植物多様性画像データ日本語 / 英語

○ 学 名


Acarospora williamsii
Buellia frigida
Buellia pycnogonoides
Buellia subfrigida
Caloplaca athallina
Caloplaca citrina
Candelaria murrayi
Candelariella flava
Carbonea capsulata
Lecanora expectans

○ 和 名


コケノウエノチャシブゴケ

Lecanora expectans

学 名

Lecanora expectans  DARB., Brit.Nat. Antarct. Exp. Nat. Hist., 5, Lich. 5,1910.

和 名

コケノウエノチャシブゴケ

分 布

南極大陸に広く分布する南極固有種。大陸以外ではリビングストン島(サウスシェットランド諸島)のみでその生育が知られている(SØCHTING ET AL., 2004)。また、地球上で最も南に分布している地衣類のひとつである(南緯86°20’; CLARIDGE ET AL., 1971, コケノウエノチャシブゴケLecanora expectansの異名later synonymとされる Lecanora griseomarginata DODGE & BAKERの名前で報告)。昭和基地周辺でも、大陸氷縁の露岩や、島々の主として蘚類群落上に広く分布している。
(分布域)リビングストン島(サウスシェットランド諸島)、クイーンモードランド、エンダービーランド、マック・ロバートソンランド、プリンセス・エリザベスランド、クイーンメリーランド、ウイルクスランド、ジョージ5世ランド、ビクトリアランド、クイーンモード山脈
昭和基地周辺:日出岬、オメガ岬、たま岬、天測岩、オングル諸島、ルンパ〔島〕、ラングホブデ、ブライボークニーパ、スカルブスネス、スカレビークハルセン、ルンドボークスヘッタ、パッダ〔島〕

Lecanora expectans DARB.
 
 
 
All Rights Reserved, Copyright (c) 2015, National Institute of Polar Research
形状・大きさ等の説明。
分類学的な説明。
生態(生育環境)の説明。
南極大陸での生息地域の説明。