Lichens

南極昭和基地周辺の地衣類
南極昭和基地周辺の地衣類国立極地研究所関連データベース生物圏研究グループ極地植物多様性画像データ日本語 / 英語

○ 学 名


Acarospora williamsii
Buellia frigida
Buellia pycnogonoides
Buellia subfrigida
Caloplaca athallina
Caloplaca citrina
Candelaria murrayi
Candelariella flava

○ 和 名


ナンキョクロウソクゴケモドキ

Candelariella flava

学 名

Candelariella flava  (C.W. DODGE & G.E. BAKER) CASTELLO & NIMIS, Ann. Bot. Fenn., 150, 6, 1994.

和 名

ナンキョクロウソクゴケモドキ

分 類

本種はDODGE & BAKER (1938)によって、白瀬海岸の位置するエドワード7世ランド付近から報告された。以来、海洋性南極から南極大陸にかけての南極地域に広範に分布することが知られている南極固有種である(INOUE 1995; ØVSTEDAL & SMITH 2001; CASTELLO 2003)。黄色で細顆粒状の地衣体 (KOH -)、1子嚢中に8個の胞子を産生し、その胞子は単室無色で比較的大形
((14)16〜18 × 5〜6 μm)である点で多種と容易に区別がつく。  柏谷 (1982)は昭和基地周辺からCandelariella antarctica FILSONを報告しているが、最近の研究で本種にまとめられた。

 
  
Candelariella flava
(C.W. DODGE & G.E. BAKER)
CASTELLO & NIMIS
  
All Rights Reserved, Copyright (c) 2015, National Institute of Polar Research
形状・大きさ等の説明。
分類学的な説明。
生態(生育環境)の説明。
南極大陸での生息地域の説明。