分野
観測名
観測主任研究者
所属
観測地
観測期間
観測目的・実施概要

O-1

海洋学

バレンツ海における溶存炭酸物資の季節変動の観測

橋田  元

国立極地研究所

バレンツ海

2000年10月

表面海水採集、各層採水、平衡空気採集

O-2

海洋学・雪氷学

バルト海における海氷気候の観測研究

白澤 邦男

北海道大学
低温科学研究所
附属流氷研究施設

Santala Bay Hailuoto (Baltic Sea)

2000年1月〜12月

[目的]バルト海北部と南部の定着氷域における海氷生成・消長過程のモデル化及びそのための検証データの観測収集
[概要]バルト海北部拠点のHailuotoと南部拠点のSantala Bayに気象及び海洋観測のための自記観測測器を設置して、通年の気象、海洋環境パラメータを収集する。冬期結氷期には定期的に海氷、海水のサンプルを採取して、物理構造、組成、化学組成の変遷を観測する。これらの検証データを用いて海氷成長モデルの開発を行う。

O-3

海洋学

海洋地球研究船「みらい」による観測研究

滝沢 隆俊

海洋科学技術センター

ポーフォート海、チュクチ海、ベーリング海

2000年8月〜10月

[目的]ボーフォート海・チュクチ海・ベーリング海での海洋構造とその変動、大陸棚と深海盆との間の水塊交換過程を解明する。
[概要]CTD採水観測、船舶搭載型ADCP(音響式流向流速計)による連続観測、一般気象観測、中層係留系の回収・設置

B-1

生物学

北極圏における植物病原菌の生態

星野  保

工業技術院
北海道工業技術研究所

バレンツブルグ、ピラミッデン(スバールバル)、カンガルスーク(グリーンランド)

2000年7月26日〜8月24日

[目的]低温環境に適応した微生物の生産する低温域で高い活性を有する酵素を工業目的に使用するため、北極圏に分布する微生物より酵素生成菌のスクリーニングを行う。今年度は特に植物病原菌に着目して研究を行う。
[概要]北極圏での植物病原菌、特に雪腐病菌の採取および低緯度寒冷地に分布する類縁菌との生理的性質の比較を行う。

B-2

生物学

環境変化に影響される隠花植物の生態学的研究

神田 啓史

国立極地研究所
北極圏環境研究センター

スバールバル、スピッツベルゲン、ニーオルスン地域

2000年7月初め〜8月末の2ヶ月

[目的]環境変化がツンドラ生態系の生物多様性に与える影響、生物多様性の変化による物質循環、エネルギー収支の変化、生物多様性及び生態系機能の変化が気候システムに与える影響を総合的に解明する。
[概要]1)ツンドラ氷河域における炭素循環過程の解明。2)氷河末端域の微生物、地衣類の生態的役割。 3)オープントップチャンバーによる生物多様性に与える影響

B-3

生物学

スピッツベルゲンの氷河後退域の植生遷移過程

神田 啓史

国立極地研究所
北極圏環境研究センター

スバールバル、スピッツベルゲン、ニーオルスン地域

2000年7月初め〜8月末の2ヶ月

[目的]北極の地表面、地中生物を含めたツンドラ生態系のエネルギー収支、物質循環、生物多様性が地球環境変化によってどのように影響を受けるかを研究し、地域的及び北極全体の生態系の構造・機能の変化や種の分布の移動を予測すること。
[概要]1)地球環境変化が生物多様性に与える影響とそのメカニズム。 2)氷河末端域の地衣類、蘚苔類の生態学的役割

B-4

生物学

北部北太平洋及び北極海における植物プランクトンの光合成特性

田口  哲

創価大学工学部

北部北太平洋ベーリング海、チェクチ海

2000年8月4日〜10月12日

海表層植物プランクトン濃度と光合成特性を把握する。

B-5

生物学

温度、栄養塩、乾燥がムカゴトラノオのフェノロジーとプレフォーメーションに与える影響

西谷 里美

日本医科大学
新丸子校舎生物学教室

ニーオルスン(スピッツベルゲン)

2000年7月上旬〜8月

[目的]ファイトトロンを用いた実験のための植物材料の採集
[概要]雪解けの時期の異なる3地点で成熟したムカゴを採集する

B-6

生物学

北極海海嶺研究航海

長沼  毅

広島大学生物生産学部

北極海

2000年9月9日〜26日

微生物サンプリング

B-7

生物学

ハジブトウミガラスの潜水生理と採餌生態

綿貫  豊

北海道大学大学院
農学研究科

ニーオルスン(スピッツベルゲン)

2000年7月3日〜13日

深く潜水するハジブトウミガラスの潜水中の体温低下と菜食トリップ中の潜水バウトについて明らかにする。

B-8

生物学

カナダ西海岸・針広混交林における森林構造と更新様式

南  佳典

玉川大学農学部

カナダBC州、バンクーバー島、49度線周辺

(1999年3月上旬)2000年5月下旬、8月上旬(計1ヶ月)

[目的]降水量によって分布が制限されているDouglas-Fir林の林分構造を調べ、更新様式を明らかにする。
[概要]1)太平洋側からジョージア海峡側にかけて植生分布の把握。2)各林分における林分構造と下層植生調査

B-9

生物学

天山山系の植生と周辺部荒漠地の緑化の可能性

南  佳典

玉川大学農学部

中国・新彊ウイグル族自治区天山山系

2000年8月下旬(計10日)

[目的]氷河末端部に広がるツンドラから山麓部荒漠地にかけて植生変化を把握し、荒漠地緑化の可能性を検討する。
[概要]1)高山帯ツンドラから山麓部荒漠地までの植生変化の把握。2)荒漠地植生の分布と地形要因

B-10

生物学

極東ロシア寒帯・亜寒帯域における植生分布と動態

沖津  進

千葉大学園芸学部

北千島パラムシル島

2000年7月末〜8月末の1ヶ月

[目的]亜寒帯海洋性気候下における火山噴火後の植生二次遷移のパターンおよびメカニズムの解明、亜寒帯海洋性気候下では寒帯ツンドラ植生とみかけは類似するが、種類組成的には異なる低木、矮性底木群落が分布する。火山噴火後の植生二次遷移のパターンおよびメカニズムの解明をすることで、亜寒帯海洋性気候下での低木、矮性底木群落の発達プロセスとそれらの寒帯ツンドラ植生との分化メカニズムを明らかにする。
[概要]1)パラムシル島千倉岳の火山噴火跡地でミヤマハンノキ低木林の再生過程調査。2)矮性底木群落の発達過程と寒帯ツンドラ植生との分化過程の解明

B-11

生態学・林学・大気化学・火山史学リモートセンシング

環境変動がアラスカ地域の生態系に及ぼす影響の追跡調査

串田 圭司

北海道大学
低温科学研究所

アラスカ(主としてFairbanksからPrudhoe Bayまでの間)

2000年8月初め〜8月末の1ヶ月

[目的]ツンドラから北方林までを含む異なるバイオームから代表的な地点を選び、調査時点における植生構成、土壌理化学性、火山の歴史、林分構造、森林の生産性、落葉量、土壌からのガス発生状況を調査解析し、現時点における生態系の特性を記録し、将来の変化に対するベースラインデータを得る。
[概要]1)アラスカにおける緯度の変化に伴う生態系の地理的変移の様相を把握する。2)植生の種構成を解析し、主要種の地理的分布を確定する。

B-12

環境科学

アラスカ森林炭素循環観測

田中 教幸

北海道大学大学院
地球環境研究科

Caribou-Pokar Creek Research Watershed及びアラスカ横断観測

2000年7月19日〜2001年3月26日

山林火災跡地、タイガ、ツンドラ、その他において植生群生が異なる地域での生態、バイオマス、土壌呼吸量、その他を観測し、炭素移動量・収支を見積もるほか、放射伝達シミュレーションを行う。

B-13

森林科学

東シベリアでの森林火災による温暖化への影響

福田 正己

北海道大学
低温科学研究所

東シベリア、ヤクーツク、ネレゲル

2000年6月〜10月

水−熱収支、CO2収支、連続観測

Ge-1

地学

超伝導重力観測

福田 洋一

京都大学大学院
理学研究科
地球物理学教室

ニーオルスン(スピッツベルゲン)

常時(現地作業、5月)

[目的]GGP(Global Geodynamics Project)の一環として重力変化の精密観測による地球ダイナミクスの解明
[概要]ニーオルスン観測基地に設置されている超伝導重力計による精密重力測定を長時間にわたって維持するための機器の保守、ならびに点検作業を実施した。

Ge-2

地学・海洋化学

北極海海嶺研究航海

玉木 賢策

東京大学海洋研究所

北極海

2000年8月30日〜9月23日

海底地形探査

Ge-3

固体地球物理学

カムチャッカにおける地磁気、地電流の研究

上田 誠也

理化学研究所

カムチャッカ、ペトロパブロフ

1999年〜通年

地震にともなう地球電磁気現象の解明

H-1

水文学

ユーコン川水エネルギー循環観測

石川 信敬

北海道大学
低温科学研究所

ユーコン川上・中・下流域

2000年5月〜2001年3月末

自動気象観測装置、放射測定装置により、地表面水・熱輸送、地表面〜大気間水・熱交換、接地大気層による水・熱輸送、河川域における地下水輸送などの過程の観測を行う。

H-2

水文学・大気化学・雪氷学

東シベリア・南部山岳タイガ地域における水・エネルギー循環に関する観測研究

窪田 順平

東京農工大学農学部

東シベリア・ティンダ近郊モゴット試験流域

2000年7月〜2001年3月

[目的]東シベリア・南部山岳タイガ地域における水・エネルギー循環を明らかにする。
[概要]東シベリア・アムール川・レナ川境界に位置するモゴット試験流域(30.8km2)において、流域水文観測、タワーによるフラックス観測を行い、水収支、熱収支の季節変動を明らかにする。

H-3

水文学・気象学・雪氷学

アラス内及び近傍での熱・水・炭素ガスフラックス観測と水文環境に関する観測研究

石井 吉之

北海道大学
低温科学研究所

ウラッハン・サッハン・アラス(ヤクーツク市東方のレナ川)

2000年4月〜9月

森林と草地が混在する地域での1次元鉛直熱・水・CO2フラックスの日変化と季節変化をとらえる。まt、アラスをとりまく水文環境を理解し、池水位及び面積の10〜11年周期変動のメカニズムを明らかにする。

Gl-1

雪氷学

アルタイ山脈における氷河コアによる環境変動研究

藤井 理行

国立極地研究所
北極圏環境研究センター

アルタイ山脈南チュイスキー山郡ソフィスキー氷河

2000年7月15日〜7月24日

温暖化の進行が著しいと考えられているシベリア南部におけるその変動実態の解明と環境変化との関連を調べることを目的とする。2年計画の初年度として、12mコア掘削と3mピットワークを実施するとともに、輸送を含めた設営的課題について調査した。

Gl-2

雪氷学

シベリアにおける積雪調査

藤井 理行

国立極地研究所
北極圏環境研究センター

東部シベリアのヤクーツク、マガダン間

2001年3月

シベリア高気圧圏内での冬期の水循環、物質循環を明らかにするため、積雪水量分布、積雪構造、積雪の安定同位体と化学成分の調査を行う。

Gl-3

雪氷学

北極域における地上(雪氷中)と上空オゾン(二酸化炭素、炭化水素類、硫黄系化合物)の存在状態に関する研究

二木 安之

信州大学医学部
衛生学教室

企画中

Gl-4

雪氷学

バロー海氷観測

田中 教幸

北海道大学大学院
地球環境研究科

北極海沿岸(バロー沖合)

2000年5月、11月、2001年3月

ドリルに接続したコアラーで直径10センチ程度の海氷の柱状資料を採取する。海氷下及び周辺の海水資料をポンプや採水器でくみ上げ、現地でろ過し、IARCに持ち帰る。

Gl-5

雪氷学・雪氷圏生物学

氷河気候変動観測

竹内  望

海洋科学技術センター
地球観測フロンティア
国際北極圏研究センター(IARC)

Worthington氷河、Vairon氷河、Matanuska氷河

2000年8月15日〜19日(1回目)、9月7日〜12日(2回目)

氷河上の生物活動による有機物生産等の過程は、氷河のアルベド変動を引き起こしたりするなど、氷河変動、ひいては気象気候に影響を及ぼす可能性がある。そこで、今回は特に生物の活動が活発になる夏季に、今後のための予備調査を行い、氷河の物理的、化学的、生物学的観測のための準備を行う。

Gl-6

雪氷学

カナダ、ユーコン準州マウントローガンにおける氷河観測

東 久美子

国立極地研究所

カナダ、ユーコン準州マウントローガン

2000年7月中旬〜8月上旬

マウントローガンの氷河において雪氷コア掘削に適した場所があるか否かを検討するため、同氷河の標高の異なる3地点においてピット観測を実施した。

Gl-7

雪氷学

グリーンランド氷床北部深層コア掘削解析研究計画(North GRIP)

庄子  仁

北見工業大学

グリーンランド、ノース・グリップ・キャンプ(北緯75゜、西経42゜)

2000年5月〜8月

[目的]ノース・グリップ・キャンプにおいて、深さ3000mに亘る連続氷床コアを採取し、その現場および国内解析から地球上の過去の気候変動に関する情報を取得する。
[概要]昨年に引き続き、深さ1751mから掘削を開始し、深さ2931mまでのコアを採取した。コアの現場解析および処理は深さ1300mから開始して採取コア全てをコペンハーゲン大学に冷凍空輸した。1995年以降日本NGRIP代表は、渡邉興亜(極地研)。

Gl-8

雪氷学

環オホーツク陸域雪氷圏研究−カムチャッカ・カレイタ氷河調査2000

山田 知充

北海道大学
低温科学研究所

カムチャッカ半島の東岸、クロノツキー半島にあるカレイタ氷河

2000年7月15日〜9月15日

カレイタ氷河の流動、歪み、質量収支、気象、水文観測

A-1

大気科学

カナダ北極ユーレカ基地におけるオゾン層微量成分の赤外分光観測

牧野 行雄

気象庁気象研究所
環境応用気象研究部

カナダ・ユーレカ

2000年9月〜10月、2001年1月〜3月

北極オゾン層の変動過程を調べるため、オゾン層に関連した塩化水素(HCl)その他の微量成分をフーリエ変換型赤外分光計を用いて観測する。観測は、月光及び太陽光を光源とし、標高610m山上に設置された観測施設において実施する。

A-2

大気科学

ニーオルスン基地での雪・降水・エアロゾル観測

塩原 匡貴

国立極地研究所

スバールバル諸島スピッツベルゲン島ニーオルスン

2000年4月〜

[目的]北極域の対流圏エアロゾルの性状とその放射効果を調べる。
[概要]北極対流圏エアロゾル放射総合観測( ASTAR2000)の地上観測として、ニーオルスン基地でエアロゾルの強化観測を4月20日まで実施した。ASTAR2000の終了後も、連続自動運転可能な測器を用いて、雲・降水・エアロゾル観測を継続する。

A-3

大気科学

ASTAR2000(北極対流圏エアロゾル・放射総合観測)

山内  恭

国立極地研究所

スバールバル地域

2000年3月15日〜4月25日

[目的]北極域における対流圏エアロゾル、特に「北極ヘイズ」の挙動とその放射効果を明らかにすることを目的とする。
[概要]ロングイヤービン空港を拠点に航空機観測、ニーオルスンでの地上リモートセンシング(ライダー、スカイラジオメータ等)および現場観測(エアロゾル計数、サンプリング)と対比、衛星データ(SAGE-II)とも比較、結果をモデルに組み込み放射強制力評価、SOUSYレーダとも比較。

A-4

大気科学・環境工学

アラスカにおける大気環境汚染調査

深沢 達矢

北海道大学大学院
工学研究科

米国アラスカ州フェアバンクス市郊外ポーカーフラット米国アラスカ州バロー市(ポイントバロー)

1999年8月〜2001年8月(2000年度は、7月末〜8月上旬に現地観測)

アラスカ州フェアバンクス市郊外のポーカーフラットとバロー岬において、2001年8月までの予定で、大気エアロゾルをフィルター上に2週間連続で吸収捕集する。また2週間に1回、大気中の揮発性有機化合物を吸着管に捕集する。これらのサンプルを北大に郵送してもらい、化学分析を行う。また、2000年7月末〜8月初めにポーカーフラットおよびバローに赴き、土壌試料の採取を行い、北大に持ち帰って、それらに含まれる汚染物質濃度の分析を行う。これらの結果をもとに、北極圏の大気環境汚染物質が気候および環境に及ぼす影響を評価する。

A-5

大気科学

ノルウェー海周辺での北極気象擾乱の観測

遊馬 芳雄

北海道大学大学院
理学研究科

ベアーアイランド(ノルウェー)

1999年10月〜2000年6月

[目的]ノルウェー海の気象擾乱の構造や活動度、水循環の様子をとらえる。
[概要]冬期間でもOpen waterが存在しているノルウェー海に位置するベアーアイランドに鉛直ドップラーレーダとマイクロ波放射計を設置しデータを得る。より北に位置するニーオルスンでの鉛直レーダー、マイクロ波放射計データと比較することによって、気象擾乱の構造と季節的な活動度、水循環や降水機構に関しての知見を得る。

A-6

大気科学

北極層雲の生成・維持機構

藤吉 康志

北海道大学
低温科学研究所

北極海

2000年8月〜9月

北極海の放射収支に大きな影響をもたらす北極層雲の形成メカニズムを解明する。また、ポーラーローの構造を調べる。

A-7

大気科学

オゾン層微量成分のミリ波分光観測(1)

落合  啓

通信総合研究所
地球環境計測部
環境計測技術研究室

ユーレカ(カナダ、エルズミア島)

2000年10月〜11月(無人観測はその後も続ける)

[目的]ミリ波分光計によって北極オゾン層の一酸化塩素(ClO)などの濃度を測定する。
[概要]通信総研開発のミリ波分光計が、すでにユーレカ気象観測所内に設置されているので、調整、校正を行い観測を実施する。

A-8

大気科学

オゾン層微量成分のミリ波分光観測(2)

落合  啓

通信総合研究所
地球環境計測部
環境計測技術研究室

フェアバンクス(米国アラスカ州)

2000年11月(無人観測はその後も続ける)

[目的]ミリ波分光計によって北極オゾン層の一酸化塩素(ClO)などの濃度を測定する。

[概要]通信総研開発のミリ波分光計が、すでにポーカーフラット実験場内で稼働しているので、さらに調整、校正を行い観測を実施する。

A-9

大気科学

西シベリアにおける湿原からのメタン放出の観測

井上  元

国立環境研究所

トムスク(ロシア)、ナヤブルスク(ロシア)

1999年3月〜2000年11月

[目的]湿原からのメタン発生量の通年測定
[概要]緯度の異なる2地点で自動化チャンバー法によりメタン発生量を通年観測し、メタン発生の総量を推定する。

A-10

大気科学

シベリア上空における大気中温室効果気体の観測

町田 敏暢

国立環境研究所

ヤクーツク(ロシア)、ノボシビルスク(ロシア)、スルグート(ロシア)

2000年7月〜8月(現地共同研究者により通年)

[目的]大気中温室効果気体の循環における陸上生態系の役割の解明
[概要]航空機を用いて月に1〜2度の頻度で大気試料を高度別にサンプリングし、日本において温室効果気体の濃度や同位体比を分析する。

A-11

大気科学

北極PSCの研究

柴田  隆

名古屋大学
太陽地球環境研究所

ニーオルスン(スピッツベルゲン)

2000年12月〜2001年3月

[目的]ニーオルスン上空に出現するPSCをライダーにて観測し、その成長過程を研究する。
[概要]二波長の偏光ライダーにより、PSCの相(固相か液相か)と粒径の変化を測定する。

A-12

大気科学

観測1・北極層雲形成メカニズム
観測2・北極停在性低気圧形成メカニズム
観測3・北部太平洋ストームトラック上の降水システム3次元構造

滝沢 隆俊

海洋科学技術センター
海洋観測研究部

北極海(チュクチ海)、ポーフォート海、ベーリング海、北部北太平洋

2000年8月12日〜10月12日

観測1〜観測3の過程の解明を目的とし、耐氷船「みらい」により大気の連続観測を行う。

A-13

大気科学

高緯度地帯強風域における固体降水量評価観測

大畑 哲夫

北海道大学
低温科学研究所

Prudho Bay, Barrow, Fairbanks等(ただい、まだ観測候補地である)

2000年10月開始予定(2000〜2003年にかけて実施予定)

通常の降水量観測では、風による捕捉損失、降水量計の濡れによる損失、捕捉水の蒸発などにより、観測誤差が大きいことが指摘されている。そこで、WMOによりSolid Precipitation Measurement Intercomparisonプロジェクトが1985年以来実施されてきた。北極域では、降水量が少ない上に風が強いため、降水は吹雪とともに発生することが多く、計測不可能な微量な粒子が看過され、誤差を招いていると考えられる。そこで、本観測は高緯度強風帯における降水量の正確な測定法の確立を目指して行うものである。

A-14

大気科学

ニーオルスンにおける温室効果気体観測

森本 真司

国立極地研究所
北極圏環境研究センター

スバールバル諸島ニーオルスン(ノルウェー)

通年

北極域における温室効果気体の変動を明らかにする。

A-15

大気科学

北極域における大気中ハロカーボンの測定

横内 陽子

国立環境研究所

アラート(カナダ)

通年(2回/月)

極域大気中の塩化メチル、臭化メチル、ヨウ化メチル等のハロカーボン類の季節変動・経年変動を明らかにする。アラートにおけるグラブサンプリングを月2回実施(1996年からの継続)。

A-16

大気科学・雪氷学

フィンランドのタイガ地域における大気−雪氷相互作用の研究

佐藤 篤司

防災科学技術研究所
新庄雪氷防災研究支所

ケボ(フィンランド)

通年

長期自動観測により気象と積雪の関連を明らかにするとともに融雪期の現地有人観測により融雪過程を明らかにする。

A-17

大気科学・雪氷学

アラスカのツンドラ地域における大気−雪氷相互作用の研究

佐藤  威

防災科学技術研究所
新庄雪氷防災研究支所

カリブー・ポーカー・クリーク(米国アラスカ州フェアバンクス)

通年

長期自動観測により気象と積雪の関連を明らかにするとともに冬期の現地有人観測により積雪状態を明らかにする。

U-1

超高層物理学・大気科学

アラスカ州ポーカーフラット実験場における大気光・オーロラの波長別イメージング観測

久保田 実

通信総合研究所
第5研究チーム

米国アラスカ州ポーカーフラット

2000年9月〜2001年4月

[目的]大気光・オーロラの波長別発光強度分布を取得する。また得られたデータからオーロラ電子のエネルギーフラックス等のパラメータを導出する手法を開発する。
[概要]CRLで開発したイメージャ2台を使用して、10種類の波長について観測する。観測波長は(A:485.9nm(Hb), 557.7, 427.8, 572.3(Background), 589.0(Na), B:481.4(Hb Background), 630.0, 844.5, 732.1, 680-900(OH Meinel bands))

U-2

超高層物理学

環太平洋地磁気ネットワーク観測に基づく磁気圏嵐・ULF波動の研究

湯元 清文

九州大学大学院
理学研究院

コテルニー島、チキシー、チョコロダーク、ズリヤンカ、ジガンスク、マガダン、パラツンカ、ポポフ島(シベリア、ロシア)、カレッジ(アラスカ)

2000年4月〜2003年3月(年中、24時間)

[目的]太陽風−地球磁気圏相互作用により極冠域、磁気圏境界領域、そして磁気圏尾から内部磁気圏に侵入した電磁場擾乱の電離圏・中層大気圏との結合・変換過程を解明する。
[概要]環太平洋域の36観測点と磁気赤道沿いの12観測点とを組織的に組み合わせた全地球的規模の地上地磁気ネットワーク観測網を用い、極冠域や磁気圏境界領域、そして磁気圏尾から内部磁気圏に侵入した電磁場擾乱と電離圏や中性大気圏のダイナモ領域に発生する電流系成分との結合・分離の定量化を行うための観測・調査をする

U-3

超高層物理学

EISCATレーダーによる北極域超高層電磁環境変動の研究

EISCAT科学連合
EISCAT Scientific Association

トロムソ、キルナ、ソダンキラおよびロングイヤービン(スバールバル)

通年

本研究観測は、EISCAT科学連合の一加盟国として、スカンジナビア北部のトライスタティックISレーダー(EISCAT KST Radar)、さらに高緯度のスバールバルのISレーダー(EISCAT Svalbard Radar, ESR)によるレーダー観測を軸として、周辺の諸地上観測施設との同時観測により、太陽風エネルギーの地球磁気圏への流入機構や太陽放射エネルギーとその擾乱が極域電磁環境及び中層大気環境の変動に与える影響を調べるものである。個々の観測は、国内共同利用研究者の申請が、国立極地研究所非干渉散乱レーダー委員会のもとにある名古屋STE研北極レーダー委員会での検討を経て実施される。

U-4

超高層物理学

ALISネットワークによるオーロラ・大気光総合観測

麻生 武彦

国立極地研究所
北極圏環境研究センター

キルナ(スウェーデン)

2000年10月〜2001年3月

我々は、従来からスウェーデン・キルナのスペース物理研究所(IRF)との国際共同により、キルナ周辺でのALIS多点撮像ネットワークシステムによるオーロラ等の3次元発光構造復元のためのトモグラフィ観測研究を行っている。現在、6点でのトモグラフィ観測ならびにEISCATレーダーおよびヒーティング、衛星との同時観測等を通じて、オーロラや夜光、PSCなどの3次元構造の復元に成果を得ている。

U-5

超高層物理学

EISCATレーダーと衛星・地上光学等による極冠域夜側オーロラの総合観測

麻生 武彦

国立極地研究所
北極圏環境研究センター

ロングイヤービン

未定

オーロラCCDカメラによる極冠域夜側オーロラ観測を、FAST衛星やGEOTAIL衛星、ニーオルスンでのロケット実験等とのコンジャンクション観測、他の地上光学観測、ロングイヤービンと磁気共役点にある中山基地、EISCATスバールバルレーダやSuper DARN HFレーダーネットワークとの同時観測として総合的に行い、サブストーム時のオーロラ構造の磁気圏エレクトロダイナミックスとの関わりを明らかにすることを目的とする。

U-6

超高層物理学

EISCATレーダーとこれに呼応したレーダー、地上光学観測による極域中層大気・熱圏における大気潮汐波・惑星波動の観測

麻生 武彦

国立極地研究所
北極圏環境研究センター

スバールバルおよびトロムソ

未定

EISCATスバールバルレーダーとメインランドのEISCAT-KSTレーダー観測を軸に、北極域の各種レーダー、とくにSSR(Sousy Svalbard Radar)、Super DARN HFレーダー、トロムソのMFレーダー、キルナのESRADレーダーあるいは夜光スペクトロメータなどの地上光学観測による同期観測を行い、極域中層大気・熱圏の大気潮汐波などの惑星スケールの大気波動の様相を明らかにする。

U-7

超高層物理学

オーロラスペクトログラフによるオーロラ・夜光の分光観測

麻生 武彦

国立極地研究所
北極圏環境研究センター

スバールバル

2000年9月〜2001年3月

時間的に激しく変動するオーロラや微弱な大気夜光のスペクトルを、広い波長領域で、広い空間にわたって、高い時間分解能で観測する。これにより、パルセーティングオーロラのスペクトルや、カスプ域の昼間オーロラのスペクトルの空間的構造、中性大気温度などについて重要な知見を得る。新しく開発されたオーロラスペクトログラフは、F1.4、f=6mmの魚眼レンズを対物レンズとし、子午面を投影するスリット、コリメーター光学系、600本/mmのグリズム、撮像光学系および冷却CCDカメラから構成される。180゜の視野角、420-730nmの波長範囲、1nmの波長分解能、および600nmで0.06cts/R/sec/pixelの感度をもつ。

U-8

超高層物理学

極域磁場観測網

林  幹治

東京大学大学院
理学系研究科

カナダ(Eureka, Resolute Bay, Iqaluit, Cambridge Bay, Baker Lake, Whitehorse, Fort Nelson, Fort St. John, LaRonge, Lucky Lake, Mankota, The Pas, Swan River, Hornepayne, Kuujjuaq, Schefferville, Goose Bay, St. John's)、グリーンランド(Narsarsuaq)、スバールバル(Ny-Alesund)、ロシア(Borok, Mondy, Uzur)

通年

北極域における広域・広周波数域磁場変動連続データ取得
磁力計及び設置環境の整備・保守(Whitehorse, Fort Nelson,Fort St. John, LaRonge, Lucky Lake, Makota, The Pas, Hornepayne, Schefferville, St. John's, Goose Bay)、観測終了地点(Emma Lake, Sioux Lookout, Normanwells)

U-9

超高層物理学

小型気球搭載光学センサーによる北極域上部成層圏オゾンの観測

岡野 章一

東北大学大学院
理学研究科
惑星プラズマ大気研究センター

ニーオルスン

未定

本研究は、気球搭載センサーにより成層圏オゾンの高度分布の観測を北極域スピッツベルゲンにおいて行い、国内の三陸において行われる同じ観測と結果を比較し、オゾン分布にあらわれる緯度による相違、人間起源の原因を含む長期変動、およびオゾンをトレーサーとする成層圏上部の大気波動を明らかにすることを目的とする。観測装置は2チャンネルの簡単なフォトメータで、拡散板を通して入射する太陽光をビームスプリッターで2方向に分けて、一方は300nm付近のオゾン吸収をうける波長のみをフィルターで分離してフォトダイオードで検出し、もう一方は420nm付近のオゾン吸収をまったくうけない波長帯をフィルターで分光しフォトダイオードで検出する。オゾンチャンネルと可視チャンネルはまったく同一視野をみるので、装置ゴンドラが揺れて太陽入射角が変化してもオゾンチャンネルの観測地を可視チャンネルの観測地で割り算することにより、紫外線量の正しい高度変化が得られる。紫外線量は気球が高度を上げるにつれ、頭上のオゾン全量が減少するために増加する。したがって紫外線量の高度変化からオゾン高度分布を求めることができる。観測装置は宇宙研が開発した小型薄膜気球BT5型に搭載され高度40km以上に到達可能である。高度30km以上は通常の化学式オゾンゾンデでは大気吸い込み用ポンプの効率が低下するため、光学式がより信頼性が高い。北極での観測はドイツのアルフレッドウェーゲナー研究所のDr. Hartwih Gernandtとの共同研究として1994年に初めてニーオルスンでの放球実験が行われ、以来13機の放球が実施されている。現在では、ドイツ側がテレメータシステム、GPS位置決定システム等を独自に用意し、日本から観測装置と気球を送れば彼等の手でニーオルスンのヘリウムガス充填、放球、データ取得が行われるようになっている。北極域では毎年2機程度の放球を行っている。

U-10

超高層物理学

イメージングリオメータを用いてオーロラ粒子降下の観測

西野 正徳

名古屋大学
太陽地球環境研究所

ニーオルスン

連続

銀河電波の電離層吸収量を2次元的測定することによって、オーロラ粒子降下領域を探り、粒子降下の起源の磁気圏でのエネルギー粒子の運動・ダイナミクスを研究する。

U-11

超高層物理学

北磁極近傍磁場変動のリアルタイムモニター観測

長妻  努

通信総合研究所
平磯宇宙環境センター

Eureka(カナダ)

通年

北磁極近傍磁場変動データのリアルタイム収集による地磁気擾乱のモニター

U-12

超高層物理学

アラスカ・ポーカーフラットにおける中間圏・下部熱圏中の水平風・電子密度のMFレーダー観測

五十嵐善良
村山 泰啓

通信総合研究所
第5研究チーム

米国アラスカ州ポーカーフラット

2000年1月〜12月(通年)

[目的]MFレーダーにより中間圏・下部熱圏(MLT)水平風速の高度プロファイルから、大気波動や科学・電離過程との結合の研究を行う。
[概要]1998年10月に開始したポーカーフラットMFレーダーにより、電離圏D領域の分反射エコーを用いて相関(FCA)法による水平風速推定を行う。また、差分吸収法(DAE)によるD領域電子密度推定も可能である。これらのパラメータから高緯度中間圏・下部熱圏の大気波動や波動間相互作用、多地点との比較による波動モードの推定などを行う。

U-13

超高層物理学

アラスカ州ポーカーフラット実験場およびイーグル観測所における熱圏中性風の観測

石井  守

通信総合研究所
第5研究チーム

米国アラスカ州ポーカーフラットおよびイーグル

2000年9月〜2001年4月

[目的]HFレーダーとファブリペロー干渉計の同時運用により、熱圏電離圏における電離=中性大気相互作用を推定する。
[概要]ポーカーフラット・イーグル・イヌヴィックの3点でファブリペロー干渉計を用いて上部熱圏の中性風2次元分布を推定する。一方、コディアック・プリンスジョージのHFレーダを用いてプラズマ対流を推定し、両者の比較を行う。

U-14

超高層物理学

アラスカ・ポーカーフラットにおけるイメージングリオメータ実験

村山 泰啓

通信総合研究所
第5研究チーム

米国アラスカ州ポーカーフラット

2000年9月〜12月

[目的]イメージングリオメータによるCAN(銀河雑音吸収)の測定から、下部電離圏の擾乱の水平構造などを観測する。
[概要]1995年10月に開始したポーカーフラット・イメージングリオメータは、2000年7月現在、世界最大のアンテナアレイとメインビーム数をもち、主に電離圏D領域の電離増加によって生ずる銀河雑音電波の吸収量(CNA)の水平分布を1秒ごとに、水平分解能最高11kmで、水平範囲400km×400kmの範囲を観測する。

U-15

超高層物理学

アイスランドにおける昭和基地とのオーロラ共役点観測

佐藤 夏雄

国立極地研究所

フッサフェル、チョルネス、アエデ島(アイスランド)

2000年9月〜10月

[目的]可視オーロラの時間的・空間的変動の南北半球の対称性・非対称性について、観測的に明らかにする。
[概要]1)昭和基地の同様の、高緯度オーロラTVカメラ等を用いてアイスランド国内の3箇所で観測する。2)英国のレスター大学のCUTLASSアイスランドHFレーダーと地上可視オーロラとの同時観測も企画・実施する。3)第42次隊で昭和基地に設置する予定の高感度磁力計をアイスランド・フッサフェルに新たに設置する。4)イメージング・リオメータのアンテナ保守。5)アイスランド国内に設置済みのオーロラ現象モニタリング装置の点検・整備を行う。

U-16

超高層物理学

極域オーロラ観測

林  幹治

東京大学大学院
理学系研究科

カナダ(Dawson City, Eureka その他)、スバールバル(Ny-Alesund, Longyearbyen)

随時

北極・極冠−オーロラ帯のオーロラ動態の研究

U-17

超高層物理学

カスプ近傍の中性気体風系と温度の測定

野澤 悟徳

名古屋大学
太陽地球環境研究所

トロムソ

夏期地磁気静穏時

数百km程度の空間スケールでの中性気体の風系と温度分布を調べる。1998年に実施したSP−NI−TG1と同じモードで連続24時間の観測を行い、数時間の時間スケールでの中性風と温度の分布を導く。

U-18

超高層物理学

極域オーロラ活動とブラジル磁気異常帯における発光現象との比較

巻田 和男

拓殖大学工学部

Sondre Strom fjord(Greenland)、Santa Maria(Brazil)

2001年2月15日〜3月2日

2000年に太陽の黒点数が最大を迎え、現在太陽活動が活発化している。これに伴い地磁気嵐のような激しい地磁気擾乱が今後増大すると予想されているが、このような時には極域でオーロラ活動が活発化するとともに放射線帯の高エネルギー粒子も増加することが報告されている。この放射線帯粒子の増加はブラジル磁気異常帯における降下粒子の増大を引き起こすため、何らかの発光現象が観測されるのではないかと予想されている。本研究は極域とブラジル磁気異常帯(放射線帯)に入射する粒子との間にどのような関係があるのかを明らかにすることを目的としている。具体的には、同じ経度上(50゜W)で光学観測を実施し比較検討を行う。

U-19

超高層物理学

極域カスプ近傍におけるイオン流出現象のロケットかんそく

向井 利典

宇宙科学研究所

ニーオルスン、スバールバル群島

2000年11月25日〜12月10日

極域カスプ領域上空におけるイオン流出に関する物理機構を同定することが目的である。上層大気のイオンが重力を振り切って流出するためには、なんらかの加熱・加速機構が働いていると考えられており、その最も有力な機構は広帯域ELF静電波動と考えられているが、加熱されたイオンの非等方的分布関数は波動を生成するので、原因と結果の同定は不明である。一方、元々の加熱はごく限られた狭い領域でのみ起きていて、他の領域では結果を見ているという考えもある。そこで、高度1000kmに達する観測ロケットをカスプ上空に打ち上げて、20msecというこれまでにない高時間分解能でもって1eV以下の熱的エネルギーから10keVにわたるエネルギー範囲の電子とイオンの観測、そしてプラズマ波動の同時観測を行う計画である。なお、ニーオルスン、スバールバル群島はカスプ観測に最適の場所である。カスプの同定は、太陽風データ、地上からの光学観測、Super DARN/HFレーダー観測、EISCAT観測などの結果を準リアルタイムに見ながら判断する。