アデリーペンギンが子供を育てる様子

昭和近くのラングホブデ袋浦ルッカリー

昭和基地から近いラングホブデ袋浦には、10月の末、まだ100キロも広がっている氷原を越えて、アデリーペンギンが集まってくる。夏でも氷の溶けない陸上で卵を生み、子供を育てるのだ。
動物が子育てする所をペンギンでは特別に「ルッカリー」と呼ぶ。
袋浦ルッカリーの様子をビデオクリップで見てみよう!

袋浦ルッカリーの産卵からヒナの巣立ちまで

袋浦ルッカリー

卵をあたためる

ヒナにエサを与える

エサを取りにゆく

水面で羽づくろい

ヒナの集団をつくる

追いかけっこ

羽が生え変わる

静かなルッカリー

ペンギンらしく成長

上空から見た袋浦

このページのビデオを再生するには最新バージョンの Adobe Flash Player が必要です。

ビデオが再生できない場合は、右のアイコンをクリックして Adobe Flash Player(無料)をインストールの後にご覧ください。