氷床コアからどんなことが分かるのか!

氷床コアの中をのぞいてみよう!

氷床コアから得られるもの

暖かい地方で暖められた大気は、寒い極地へ流れてきて上空から降りてくる。南極氷床の氷には、こうして運ばれてきた大気に含まれたさまざまな物質が冷凍保存されている。

氷床コアの掘削によって、その時代のまま変質していない物質を取り出すことができるのだ。

氷床コアからはいくつもの情報が得られます。
右図のリンクボタンをクリックして、 一つずつよくご覧ください。

※別ウィンドウが開きます。




















ビデオ解説(極地研究所・東 先生のお話)

さまざまな情報が得られる氷床コア

海底コア:深海の堆積物を掘削したコアでも太古の地球の状態が研究されている。

未知のDNA

 

まだ最後に残されている岩盤面は?

氷床の下の岩盤まで掘り進む計画だが、その岩盤は南極が氷に閉ざされる前の状態で密封されている。その時に降り注いだ宇宙線が、その年代を記録しているはずなのだ。南極が誕生したのはいつだったのだろう?